「アダプト(ADAPT)」はエルゴベビーの新定番!

Ergo babyのアダプト(ADAPT)は、「オリジナル」に変わり人気上昇中!

エルゴアダプト(ADAPT)は、「オリジナル」に変わり人気上昇中!

2016年4月に登場したErgobabyの「アダプト(ADAPT)」は、従来の「オリジナル」に変わり、新たな定番シリーズとして人気上昇中です。「オリジナル」の良さを引き継ぎつつ、新たな機能を多数搭載。ママやパパ、そして赤ちゃんにとってより快適な抱っこが実現します。


エルゴアダプトでは新生児用「インファント インサート」が不要

アダプトはインファントインサートがなくても新生児抱っこが快適!(カラー:アドミラルブルーundefined23,000円+税)

アダプトはインファントインサートがなくても新生児抱っこが快適!(カラー:アドミラルブルーundefined23,000円+税)

まずはErgobabyの抱っこ紐定番の「オリジナル」との違いが気になるところではないでしょうか。「オリジナル」を首がすわる前から使う場合は、別売りのインファント インサートを購入する必要がありましたが、「アダプト(ADAPT)」は不要です。

「アダプト」とは「適合させる・順応する」という意味。形状を赤ちゃんの体に合わせることができるのが最大の特徴と言えるでしょう。「アダプト」の名称の由来でもある「エルゴノミックシート」は、赤ちゃんを支えるシート部分の形状が、成長に合わせて変えられる仕組みとなっており、これによりぴったりなサイズで抱っこされるため、赤ちゃんはより快適になるのです。
アジャスタータブを移動させることで、赤ちゃんの成長にぴったりなサイズに簡単に変えることができます。アダプト カラー:アクアイカット(日本限定デザイン) 23,000円+税

アジャスタータブを移動させることで、赤ちゃんの成長にぴったりなサイズに簡単に変えることができます(カラー:アクアイカット(日本限定デザイン) 23,000円+税)

さらにもう1つ。「ヘッド&ネックサポート」を搭載。こちらは新生児期のデリケートな赤ちゃんの首をサポートする機能です。インファント インサートなしで使える理由はこの機能にあるというわけです。
ヘッド&ネックサポート

ヘッド&ネックサポートを使いこなすことで、首すわり前の赤ちゃんの首をささえてあげられて安心です(カラー:アドミラルブルー 23,000円+税)

そして、外側の「フロントストラップ調節機能」を調整することで抱っこひものフチが赤ちゃんの膝の裏にぴったりくるように調節できます。エルゴの特徴でもある「抱っこ時に膝がお尻より上の位置にくること」を無理なく自然に叶えてくれます。
アダプト クールエア(メッシュ)undefinedカラー:ローデンundefined25000円+税

アダプト クールエア(メッシュ) カラー:ローデン 25000円+税

 


エルゴアダプトは、小柄なママもラクに抱っこできるクロス装着

Ergobabyの抱っこ紐は、ママやパパの肩の負担を軽減するため、肩ストラップが厚くて太めにできています。しかし、小柄なママの中にはその厚みや太さゆえ腕の上げ下げがしづらく感じていた人もいたようです。

そのお悩みを解決するのが「クロス装着」。イラストのように背中で“ばってん”にして装着できるというわけです。
左のイラストがクロス装着、右はパラレル装着です。

左のイラストがクロス装着、右はパラレル装着です。

この機能のメリットは2つあって、1つ目は前述したように小柄なママでも肩ストラップがフィットしやすいこと。そしてもう1つは、抱っこ時に背中のバックルを留める必要がなくなるため、「肩痛で腕を上げるのがつらい」人にとってラクな装着方法になるのです。クロス装着は、体験してみるとそのフィット感の違いに驚くかもしれません。長時間抱っこするときにもおすすめです。
アダプト クールエア(メッシュ)undefinedカラー:オックスフォードブルーundefined25000円+税

アダプト クールエア(メッシュ) カラー:オックスフォードブルー 25000円+税


ところでそもそも、エルゴの良さとは

「抱っこひも」ではく「エルゴ」といえば抱っこひものことだとわかるくらいの知名度であるエルゴ。妊娠中に「エルゴで抱っこをする姿」に憧れの気持ちを抱いた方もいらっしゃるはず。おしゃれなデザインのものが多いところも魅力ですね。

いいところは本当にたくさんありますが、人気の理由はとにかく抱っこがラクになることではないでしょうか。人体工学に基づく設計により、抱っこ時のママやパパの体の負担は他社商品の1/7になるという実験結果があるほどです。

.

.

そして、ママやパパの快適性だけでなく、赤ちゃんがとても快適に抱っこされる設計であることも安心材料。成長を妨げないよう、膝がお尻の上にくる自然なすわり姿勢になること、背中がゆるいC字のカーブになることなど、抱っこひもの中でも赤ちゃんは気持ち良く過ごせるようにつくられています。
背中はCカーブに、膝がお尻より上の位置に。これが赤ちゃんの体にやさしい仕組みです。アダプト クールエア(メッシュ)undefinedカラー:グレーundefined25000円+税

背中はCカーブに、膝がお尻より上の位置に。これが赤ちゃんの体にやさしい仕組みです。アダプト クールエア(メッシュ) カラー:グレー 25000円+税


エルゴアダプトでおんぶはいつからできる?

おんぶもラクにできることはエルゴの魅力の1つでもあります。首も腰もすわり、体重が7.8Kgを超えた生後6カ月からがおんぶ開始の目安。おんぶができるようになると、抱っこが大好きな赤ちゃんがいても家事がはかどりますので、「おんぶをラクにできるかどうか」は比較的大切な判断材料かと思います。

おんぶの対象期間は6カ月~48カ月。左:アダプト カラー:ブラック 22000円+税 右:アダプト クールエア(メッシュ)undefinedカラー:グレーundefined25000円+税undefined

おんぶの対象期間は6カ月~48カ月。左:アダプト カラー:ブラック 22000円+税 右:アダプト クールエア(メッシュ) カラー:グレー 25000円+税 


エルゴの新シリーズ「OMNI 360」との違いは

新シリーズの「OMNI 360」は現状、エルゴの最上位モデルの位置づけとなっていて、より機能性に優れています。「アダプト」になく、「OMNI 360」にある機能は下記になります。

  • 3Dエルゴノミックシート
    立体構造のシートで、赤ちゃんの体をしっかりホールドします。抱っこされた赤ちゃんの動きにフォーカスしたフレキシブルな超立体設計です。
  • 前向き抱っこが可能
    アダプトやオリジナルではできない、前向き抱っこができるので、赤ちゃんは抱っこされながら外の景色を楽しむことができます。
立体的なシートであることがこの写真を見てもわかりますね。前向きだっこをすると赤ちゃんもママと同じ景色を楽しむことができます。OMNI 360 クールエア(メッシュ)カラー:グレーundefined29000円+税

立体的なシートであることがこの写真を見てもわかりますね。前向きだっこをすると赤ちゃんもママと同じ景色を楽しむことができます。OMNI 360 クールエア(メッシュ)カラー:グレー 29000円+税

最上級モデルとあってお値段も「アダプト」より高いため、選ぶにはお財布との相談も必要になりますね。ちなみに、エルゴの正規総代理店であるダッドウェイの広報担当者に聞いたところ、シェアが高いのは「OMNI 360」 より「アダプト」だそうです(2018年6月時点)。


デザイン豊富なアダプトはお気に入りのデザインに出会えそう

ここまでは機能面について解説しましたが、「アダプト」を選ぶメリットの1つとして、デザインの豊富さは見逃せません。
アダプト カラー:フロストミント 23,000円+税、右:アダプト カラー:アクアイカット(日本限定デザイン) 23,000円+税

アダプト カラー:フロストミント 23,000円+税、右:アダプト カラー:アクアイカット(日本限定デザイン) 23,000円+税

キースへリングとのコラボデザインは、現在40%オフにプライスダウン中だそうです。 左:アダプト キースヘリング/POP 15,000円+税 右:アダプト キースヘリング/ブラックundefined15,000円+税undefined

キースへリングとのコラボデザインは、現在40%オフにプライスダウン中だそうです。 左:アダプト キースヘリング/POP 15,000円+税 右:アダプト キースヘリング/ブラック 15,000円+税 

Ergobabyの「アダプト(ADAPT)」は、無地だけでなく柄のあるデザインも豊富にあり、選ぶ楽しみを味わえます。赤ちゃんを育てるママやパパにとっては、抱っこひもはファッションの一部といっても過言ではありません。お気に入りの抱っこひもがあれば、子育てがより楽しくなることでしょう。

魅力がたっぷりの「アダプト」。エルゴの新ベースモデルとして多くのママたちに指示されている理由がわかりますね。
通気性の高いメッシュタイプも4色展開です。アダプト クールエア(メッシュ)undefinedカラー:ローデンundefined25,000円+税undefined

通気性の高いメッシュタイプも4色展開です。アダプト クールエア(メッシュ) カラー:ローデン 25,000円+税 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。