パッドの有無

赤ちゃんが大きくなると、パッドが邪魔にかんじることも【画像提供<a href="http://www.amazon.co.jp/B0020GBECA/allabout-22" target="_blank">Amazon</a>】

赤ちゃんが大きくなると、パッドが邪魔にかんじることも【画像提供Amazon

スリングの中には快適性を上げるためパッドが入っているものもあります。パッドが入っているのは、主に肩にかかる部分と赤ちゃんを入れる部分のふち。それぞれのメリット、デメリットを理解したうえで、好みのタイプを選ぶといいでしょう。

肩にパッドが入っているタイプ
メリット
肩へのあたりが和らぎ、負担が軽くなる。

デメリット
かさばる。肩から腕の付け根に布地を広げ、負荷を分散させるほうが楽という人もいる。

ふちにパッドが入っているタイプ
メリット
縦抱きにしたときの赤ちゃんの足へのあたりが和らぐ。ねじれにくい。

デメリット
リングタイプ、バックルタイプの場合、長さの調節に限界が生じる。コンパクトに畳めない。赤ちゃんが足を広げにくいという意見もある。