赤ちゃんは一生懸命「泣く」事でサインを送っています。

かん高い声で泣かれるとブルーになりますが、泣けるという事は元気な証拠でもあるのです。

かん高い声で泣かれるとブルーになりますが、泣けるという事は元気な証拠でもあるのです。

赤ちゃんは泣くのが仕事とわかっていても、あやしても、抱っこしても泣き止まない、置くとすぐ起きて泣いてしまうとママはブルーになってしまいます。責めるような激しい泣き声はママの育児ストレスの一つになっていて虐待の誘因とも言われています。まず泣く原因としては
  • お腹が空いている
  • おむつが汚れている
  • おなかにガスがたまって不快
  • 暑すぎたり、寒すぎる
  • 緊張をやわらげたい
  • ちょっと疲れた、または運動不足
  • 抱きしめられたい(親和度を深める)
  • 眠い(寝ぐずり)

そのほかで赤ちゃんが泣く原因として、熱が高い、顔色が悪い、ひどく痛がる様子が見られる、便に血が混じっているときは病気の可能性も考えらます。ひどく泣く場合は小児科を受診しましょう。
 

生後1~2ヶ月が泣きのピーク

ベビーマッサージは赤ちゃんの筋肉をほぐして、寝やすくする

ベビーマッサージは赤ちゃんの筋肉をほぐして、寝やすくする効果があります。

病気でない場合、一般的な泣きは、どこの国の赤ちゃんも生後2~3週で増加し、生後1~2ヶ月頃がピーク。そして生後3~4ヶ月で落ち着いてきます。

赤ちゃんが泣きやまないときの対処法としては、以下を試してみましょう。

  • スイングラック、バウンサーなどの規則的な動きをするものに乗せる
  • 授乳の後、添い寝をする
  • 少しぬるめのお風呂にゆっくり入れる
  • ベビーマッサージ
  • 外へのお散歩(夜風は赤ちゃんの神経をなだめると言われています)

それでも泣きやまないときは、赤ちゃんは泣いてエネルギーを発散したいのだと割り切って、泣き疲れるのを待ってもよいかもしれません。最近は、泣く声に過剰に反応しすぎて、赤ちゃんが泣き疲れる行為を待てないママが増えてきているようです。赤ちゃんは泣くのが仕事。絶対に泣かせないようにするのではなく、日頃から泣かせる時間も少し持ってみましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。