シンプルで応用のきくデザインが人気の無印良品。収納でもお世話になっている人が多いと思いますが、そこに新たに加わったのがスタッキングシェルフ。このシェルフを使うと、すぐに片づきそうな気がしませんか?

商品開発に携わった清水智さんに、シェルフの特長を伺ってきました。そしてそこから見えてきたのが、簡単に片づく3つの理由です。


理由1.組み合わせるだけで片づく

見せたくないモノは箱や引き出しにしまう

見せたくないモノは箱や引き出しにしまう

収納用品を選ぶのは難しいと思われがちですが、無印良品のモジュール(基準寸法)から生まれた商品を使うと、誰でもが収納に取り組みやすくなります。既にお馴染のメタル製パイン材のシェルフもそうですが、新たに加わった【スタッキングシェルフ】にもモジュールが活かされています。

「本棚として、そして部屋のインテリアとしてのシェルフを創りたかった」という清水さん。発売以来、書籍を収めるユーザーさんが増えているそうです。

また無印良品ならではの収納用品を組み合わせて使えるように考えられていて、様々な日常品がピタリと収まる仕組みになっています。ぬいぐるみのような嵩張るものから文具などの細かいものまで、種類別に整理できる収納用品を使えば、難しいテクニックはいりません。

さらに、自分流収納のつくり方をご紹介します。