「安産」って、どういうお産のことをいうの……?!

安産
「安産」って、どういうお産をいうの?!
いよいよ出産間近というタイミングで、妻は口癖のように「安産だったらいいなー」と繰り返す。実際に出産をしないボクとしても、妻があまり苦しまず、しかも時間もそれほどかからずに元気な赤ちゃんが無事に産まれてきてくれることを願うばかりだ。

だけど、いわゆる「安産」って、いったいどういうお産のことをいうのだろう……?!

先輩たちに聞いてみても、「自然分娩でトラブルもなかったから、安産だったと思う」とか、「うちはお産にかかる時間が短かったから、どちらかといえば安産だった」とか、いくつかの共通点はあるけれど、その答えはなんとなく曖昧。そもそもお産にかかる時間なんて想像もできないし、痛みの感じ方だって人それぞれ。みんな、安産と難産の違いはどこで線引きしているのだろう……?!

男が学ぶ出産シリーズ記事、今回は「安産」についてです。




<男が学ぶ妊娠・出産シリーズ過去記事はこちら>