「To Do リスト」の優先順位が明暗を分ける!

手帳術
山積みの仕事も、「To Do リスト」で優先順位を決めて対応すれば乗り切れる!
仕事には実に様々な種類のものがありますが、優先順位が決められずにパニック状態に陥るリスクは誰もが抱えています。

一度でもリズムが狂ってしまうとその悪循環はしばらく続き、「気付けば今夜も働きマン! これじゃあワークライフ・バランスどころじゃないっ!!」となってしまうものですが、そんなときも、手帳のフリースペースに「To Do リスト」を作って管理することによって優先順位に迷うことなく仕事を進めていくことが可能です。

具体的には、
  • 今すぐにやらなければならない仕事
  • 今日中にやらなければならない仕事
  • 明日になっても間に合う仕事
  • 今週中であれば間に合う仕事
  • 後回しにできる(してもかまわない)仕事
  • 自分ひとりでやらなければならない仕事
  • 他のスタッフに振る(任せる)ことができる仕事
例えばこれらのように仕事を大まかに類別して書き出すことによって優先順位を整理し、手帳の週間スケジュール欄でその進捗状況を管理すれば、今よりも効率的に仕事を進めることは十分に可能です。

ガイドの場合はこうして「To Do リスト」でスケジュールを管理することによって、「明日は徹夜してでも頑張らなきゃならないな」「この仕事が終われば、明日は残業せずに帰れそうだな」と先々(仕事の終わり)をイメージしながら働くことができるようになり、「明日はパパ、早く帰れるよ」「明日も遅くなるけれど、週末はゆっくりできるよ」と、以前よりもずっとワークライフ・バランスできるようになりました。

>>週に1度はワークとライフを夫婦で見直す!>>


<おすすめ記事>
帰るコールしない夫に効く薬って、ないの? [男の子育て]