「親子で簡単!変わり千歳飴の作り方 」に引き続き、今回は、折り紙を使った千歳飴の袋の作り方をご紹介したいと思います。



千歳飴は、親が子どもに長寿の願いを込めているもので、細く長くなっており、また、鶴亀や松竹梅などの縁起の良い絵の描かれた千歳飴袋に入れることが多いのです。そこで、折り紙で折った鶴と亀を貼り付けて、オリジナル袋を作ってみましょう。

材料

 
・折り紙
・画用紙
・リボン


折り紙 亀の折り方


 
途中まではかぶとの折り方と同じ


 
下半分の上の一枚の中央に切り込みをいれ、左右に開く


 
両端を中央に折る


 
上下に出ている部分を段折りにし、頭としっぽを作る


 
表返してできあがり