具は大きくても大丈夫!

大きな具
パパ・ママの分と同様に赤ちゃん用の具も一緒に大きく切ればOK
取り分けすることを想定して作りますが、野菜などの材料は大きく切ったまま茹でて大丈夫です。ラクチンですよね。

スプーンでつぶす
大きく切った野菜は簡単につぶせます
大きく切った野菜でも、柔らかく茹でればスプーンの背でつぶすことが出来ます。小さく切って茹でるよりも、大きく切って茹でた方があとでつぶしやすいので一石二鳥。

ペースト
離乳初期~中期の赤ちゃんには適度につぶして
取り分けしたものを潰せば、あっという間にペーストができます。離乳初期~中期の赤ちゃんには、このままでもOK。離乳後期や完了期などある程度の大きさが必要な場合には、1cm角くらいに切ってから味付けをしてください。

煮込む時の注意点

大人のものと一緒に煮込むのは本当に便利ですが、以下の点に注意してください。
  • だしの味だけで

  • 塩・しょうゆなどの味付けは極力控える

  • 赤ちゃんが食べられないものと一緒に煮込まない

  • 特に肉・魚などは要注意

  • ノンオイルが基本

  • できるだけ炒め油を使わないように
取り出すタイミングは「味つけの前に取り出す」のが鉄則です。それさえ守って、あとはアイディアを生かしてみてください。次回はパパ・ママも大好きなカレーライスの時の取り分け方法と、レシピをご紹介します。 お楽しみに!



<関連記事>
離乳食とは? 離乳食開始時期は?

記事の更新案内などをいち早くお届けするメールマガジンは月2回発行。登録はこちらをクリック!

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で離乳食を見る

Amazonで離乳食を見る


【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
参加者には抽選で参考書籍をプレゼント!
人気FPが解説「教育費を貯めながら将来にも備えるマネー講座」
協賛:大和証券株式会社


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。