ローカル食堂もおしゃれなカフェも楽しめる、灣仔レストラン

トラムに乗って行くことができる

トラムに乗って行くこともできる

下町エリアでありながらも、新しいレストランなども増えてきている、灣仔エリア。窓に鶏がぶらさがっているローカル食堂の隣にはおしゃれなフレンチカフェという、一見不思議な光景が当然のように存在しているのが魅力です。

最高級の中華料理、フックラムモン

建物にある大きな福が目印

建物にある大きな福が目印

お店の前に並ぶのは運転手つきの高級車ばかり。香港セレブやお金持ちが行く、お値段がお高めレストランですが、飲茶だったら大丈夫! 点心は他のレストランに比べると倍くらいするものもありますが、行き届いたサービスと最高級の素材にこだわったお味なので、それも納得。このお店は1972年にオープンした1号店で、日本でも数店舗展開しています。

<DATA>
■福臨門 Fook Lam Moon
住所:35-45 Johnston Road, Wanchai
TEL:(852)2866 0663(要予約)
アクセス:MTR灣仔B2出口、徒歩3分
営業時間:月~土曜 11:30~15:00、日・祝 11:00~15:00(飲茶)/18:00~23:00(ディナー)

 

古き良き上海を再現、オヴォローグ

食後のドリンクのみでもOK

食後にドリンクのみで立ち寄るのもOK

古い質屋を改装してつくられた灣仔のトラム通り沿いのレストラン。中は天井が高く、古き良き上海を意識したインテリアに囲まれるとまるで1930年代の上海にタイムスリップしたよう。レストランの隣には同じ系列の家具&インテリアのショップがあるので、お食事のあとに覗いてみては?

<DATA>
■祇月OVOlogue
住所:66 Johnston Road, Wanchai
TEL:(852)2527 6088
アクセス:MTR灣仔A3出口、徒歩5分
営業時間:月~金曜 11:30~15:00、土・日・祝 11:30~16:30(飲茶)/18:30~23:30(ディナー)

 

変わった鍋料理ならメーガンズ・キッチン

地元の雑誌でも数多く紹介されている人気のお店

地元の雑誌でも数多く紹介されている人気のお店

一風変わった鍋料理で地元の若者やセレブたちに人気のお店。トムヤンクンカプチーノスープででグツグツ煮込んだパパイヤ味のボールを、チリソースやXOソースなど12種類のソースや薬味を混ぜたものにつけていただく、というかなり不思議なコンビネーション。この意外性が実はおいしかったりするのです。一度食べたら、次はどんな組み合わせにしようかとやみつきになりますよ。

<DATA>
Megan’s Kitchen
住所:5F Lucky Centre, 165-171 Wanchai Road Wanchai
TEL:(852)2866 8305
アクセス:MTR 灣仔A3出口、徒歩10分
営業時間:12:00~15:00(ランチ)/18:00~23:30(ディナー)

 

改装された質屋でイギリス料理、ザ・ポーン

バルコニー席からは賑やかなトラム通りをウォッチングできる

バルコニー席からは賑やかなトラム通りをウォッチングできる

ワンチャイの新しく開発されたエリアにあるこのレストラン……、その昔は質屋でした。1888年に建てられたこのビルには4つのテナントが入っており、その1つがこの質屋。香港ベースのアーティストであり、映画監督でもあるスタンレー・ウォング氏によりデザインされ、この場所はリニューアルしました。1階(日本でいう2階)はカクテルを飲んでくつろげるリビングルーム、2階はにぎやかにお料理を楽しむダイニングルーム、そしてパーティーなどにも使えるルーフトップがあります。

お料理は全部イギリス料理。エグゼキュティブシェフのデイビッド・タムリン氏が毎日メニューを替えます。だから何度行っても違うものを楽しめる反面、好きなお料理に再会するチャンスも極めて低いのです。あまりにもの雰囲気のよさに、ついつい閉店までいてしまうかも。

<DATA>
The Pawn
住所:62 Jonston Road, Wanchai, Hong Kong
TEL:(852)2866 3444
アクセス:MTR 灣仔A3出口、徒歩10分
営業時間:Living Room(バーエリア) 月~土曜 11:00~2:00
日曜 11:00~24:00
Dining Room(食事)12:00~15:00、18:00~24:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。