新生児期に悩ましい、乳児湿疹・あせも・脂漏性湿疹の解決法

新生児期の湿疹対策は?

新生児期の湿疹対策は?

新生児期の赤ちゃんの顔にできる「乳児湿疹」「汗疹・あせも」「脂漏性湿疹」の3つについて、原因とワセリンなどの薬を使った保湿対策などを紹介していきます。ほとんどの場合、よく泡立てた石鹸で洗うと綺麗になりますが、スキンケアもやりすぎは禁物!注意が必要です。

赤ちゃんの湿疹は「汚れやすい胸~顔にかけて」多く発生

新生児の湿疹の中で一番、出来やすい部位は「顔」「首~胸」「頭の生え際」主に上半身、特に顔の周辺部位になります。よだれ、おっぱいやミルクを吐いたり、汗をかいたり汚れやすく、皮膚と皮膚が重なっている所が多いので、特に注意が必要です。
 

いつまで続く?乳児湿疹は1カ月検診頃がピーク!

新生児期の湿疹は、通称「赤ちゃんニキビ」とも言われる「乳児湿疹」がもっとも多く、生後3週間頃から1ヶ月検診ごろがピークで、長引く赤ちゃんは生後2ヶ月ぐらいまで続く子もいます。これは病気ではなく、昔の人は「胎毒」と言って、ママの身体の余分なものを赤ちゃんが出してくれているとさえ言われたものです。


赤ちゃんの顔は、泡立てた石鹸でしっかり洗う

石鹸をガーゼにつけて優しく洗います

よく泡立てた石鹸をガーゼにつけて、優しく洗う

妊娠前の母親学級や病院での沐浴指導は「赤ちゃんのお顔は濡れたガーゼで拭くだけ」と指導されている所が多いですが、皮脂の分泌も盛んで汚れやすいので是非、石鹸で顔を洗うようにしてください。乳児湿疹にオススメの「泡ごしスキンケア」について紹介していきます。

赤ちゃんの顔は、ベビー用の弱酸性固形石鹸をネットでよく泡立ててから、手を使ってごしごし洗います。弱酸性の泡で出るポンプタイプのものでもOKです。

ポイントは洗い方にあり! 泡をそおっと塗っただけでは乳児湿疹はよくなりませんので、指の平を使いごしごし洗うか、柔らいガーゼで優しく洗います。 乳児湿疹がひどい場合は一日2回洗ってもよいでしょう。

ガーゼやタオルなどで強く洗いすぎると、皮膚への刺激が強くなる場合があるので力加減には気をつけましょう。

泡ごしスキンケアのやり方・手順

  1. お湯で洗う場所をしっかり濡らす
  2. 十分に泡立てた厚みのある泡を作る
  3. 皮膚に泡をにつけ、手の腹で洗う
  4. 洗う順番は、体→お尻→頭→顔
  5. シャワーで十分に泡を洗い流し、ベビーバスで温める


赤ちゃんのあせもは冬も要注意!汗をかいたら即対策を

赤ちゃんの背中に出来た汗疹です

赤ちゃんの背中に出来た汗疹

赤ちゃんのあせもは、今や夏だけのものではありません。冬場でも着せすぎ、暖房のきかせすぎ、チャイルドシートに長時間寝ていたりすると、すぐあせもになることもあります。

新生児のあせもは胸腹部にぽつぽつと赤い細かい斑点ができることが多いようです。

赤ちゃんのあせも対策としては、とにかく皮膚にアンモニアの成分を残さないことが重要です。汗をかいたらシャワーや蒸しタオルで汗の成分をすぐ落とし、肌着を着替えさせましょう。脇の下など皮膚の重なる部位には、薄いベビーパウダーや、汗疹がひどい場合は軟膏などを塗布しする場合もあります。


実は新生児の肌はオイリー!脂漏性湿疹の対策は?

赤ちゃんの頭皮にできた脂漏性湿疹

赤ちゃんの頭皮にできた脂漏性湿疹

赤ちゃんの肌は乾燥していると思いがちですが、実は新生児の皮脂腺は、中学生男子の肌と同レベルだとも言われています。

赤ちゃんの「脂漏性湿疹」は、額や髪の毛の生え際に黄色のかさぶたのような脂の膜ができてき、頭皮にカサカサしたフケがついた状態になります。一時的なものなので、これも石鹸で洗えば、生後3ヶ月までには落ち着くでしょう。

もし脂の塊が出来てしまった場合は、お風呂に入る30分前にオリーブオイルなどをたっぷり塗布してふやかしててから石鹸でごしごし洗えば、少しずつ取れて綺麗になります。

また、スキンケアのやりすぎでも脂漏性湿疹は発生します。赤ちゃんの肌が乾燥していないのに過度にオイリーなローションやクリーム、オイルのつけすぎには注意が必要です。


関連記事

赤ちゃん・子供の「あせも(汗疹)」の原因と対処法。薬は使える?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。