名づけで注意することは?

名づけで注意することは、名づけの姿勢がきちんと守られているかどうかです。つまり自分にウソをつかず、自分の本音を大切にしているかどうか、そして名前をつけられる本人や、本人と関わる社会の人のことを大切に考えているかどうか、ということです。
>> 詳しく読む
 

名づけの具体的な注意事項は?

名前はつけられた本人が喜んで使え、社会の人に迷惑をかけない名前にする、という注意が必要です。これには専門知識も含まれますが、注意事項をあげれば次のようなものです。

* 奇抜すぎないか
* あだ名にならないか
* 古風な名ではないか
* 響きはおかしくないか
* イニシアルが変にならないか
* 名前にふさわしい漢字が使われているか
* 活字に正しく変換できる字か
* おかしな意味の熟語になっていないか
* 他人に説明のできる字か
* 似た字と混同しないか
* 他人がきちんと読める名か
* 名字と名前の区切りをまちがえないか
* 男女を間違えないか
* 画数が多すぎて書くのに面倒ではないか
* 外国で使ったとき問題は出ないか
>> 詳しく読む


出生届はいつ、どこへ出す?

出生届は出産の日を含めて14日以内に市区町村役場に提出します。場所はどこの市区町村役場でも出すことは可能です。
>> 詳しく読む
 

名前は変えられる?

名前を変えることは原則としてできません。ただし特殊な事情のある人にかぎっては、家庭裁判所に名の変更の申し立てをすることができ、許可されれば改名はできます。
>> 詳しく読む


>> 名前に使える漢字は?