ラスベガス行き航空券を手に入れる

1度行ったら病みつきになるテーマパークの様な街ラスベガス

1度行ったら病みつきになるテーマパークの様な街ラスベガス

世界的に見ても、日本人旅行者に最も人気のある観光地の1つであるラスベガス。ガイドも、初めてアメリカに行く人には絶対にラスベガスに行くことをおすすめしています。ラスベガスは街自体がまるで24時間眠らないテーマパークになっており、1度行ったら病みつきになるリピーターが続出! こんなに人々を惹きつけるラスベガスですが、2010年10月現在、残念ながら日本からの直行便はありません。ですので、西海岸のロサンゼルスサンフランシスコ、ポートランド、ソルトレイクシティなどを経由し、ラスベガスまで飛ぶことになります。

所要時間は、乗り継ぎ時間を入れて約13~15時間。飛行時間は、西海岸まで約9時間で、ロサンゼルスからラスベガスまでは約1時間、サンフランシスコやポートランドからは約2時間半。ソルトレイクシティの場合は、日本からの飛行時間が約11時間で、国内線が約1時間です。

アメリカの航空券」、「ラスベガスのツアー」も合わせてご覧ください!

航空券の料金

安い時期は6万円台~

安い時期は6万円台~

日本からの航空券は、ゴールデンウィークや夏休み、クリスマス前が非常に高くなります。格安航空券予約サイト、エクスぺディアで、成田発ラスベガス行き、2010年の夏の燃料サーチャージ込みチケット代を見てみますと、6月の後半が10万円強、7月後半が16万円強、8月のお盆の時期に20万円を超え、9月前半に11万円ぐらいまで下がります。この後、下がり続け10月に入ると8万円台。

安い時期は、1月後半~2月、5月のゴールデンウィーク明けから6月初め、そして10~11月。この時期ですと、燃料サーチャージ(詳細は「アメリカの航空券」をご覧ください)込み6~8万円が相場。現在アメリカ行き路線の燃料サーチャージが、往復21000円なので、チケット代だけですと4万円台で見つけることができるという訳です。

ラスベガスのホテル」記事でも紹介したように、ラスベガスはホテルがすごく安い! 中の上ランクのホテルでも50ドル台で泊ることができます。ですので、チケットが安い時期を狙えば3泊5日10万円以内で旅行がができるのです。