大人の男性は体臭や加齢臭が困りもの。周囲は迷惑だし本人も気になる(マヒしてる人もありますが……)のに、洗濯しても落ちにくい意外と手ごわい相手です。そこでライオン株式会社の生活者行動研究所を訪ね、副主席研究員の松永さんに体臭や加齢臭の謎と上手なお洗濯術について、なんと実演つきで教えていただきました!


体臭ってそもそも何ですか?

ガイド:体臭とよくいいますが、そもそも何なのでしょう?

松永:
体臭は、汗や、汗と一緒に分泌される皮脂に含まれる物質が主な原因で発生する臭いです。人由来の汚れの7割を占める皮脂には数多くの物質があり、中でも体臭の原因物質の一つは「オレイン酸」といわれています。でもオレイン酸自体は無臭。菌や空気中の酸素によって分解することにより、臭う物質(いわゆる体臭)に変化します。

ガイド:皮脂が多く出るところが衣類でも臭いやすい部分ということですね。

松永:皮脂は皮脂腺から分泌されますが、汗腺に合流して汗と一緒に分泌され、その量は汗腺の多さに比例します。汗腺の多い部分は順に、足の裏、額、手のひら、頭、ワキの5つが代表的です。興奮したり緊張した時に分泌される汗は普通と違って、水分や脂質の他、たんぱく質やアンモニアも含まれ、中でも靴を履いた足は温度や湿度も常在菌にとって最適なので臭いもキツくなります。

ガイド:恐ろしい部分ですね、足! ところで世間では体臭の中でも「加齢臭」もよく話題になります。もちろん臭くて落ちない臭いの代表として!この「加齢臭」って何なのでしょう……?

30才代から要注意!? 加齢臭とは?

ライオン(株)松永さん。講師もよくされるそうで難しい内容をユーモアを交えて楽しくわかりやすくお話くださいました。

「初めて使った時からのケアが大切です」と松永さん。難しい内容を楽しくわかりやすくお話してくださいました。私物のYシャツはさすが襟も真っ白!

加齢臭は体臭の中でも、ある年齢以上の人、特に男性に特有の臭いをいいます。汗と一緒に分泌される皮脂に含まれる物質が原因で40歳代くらいから増えますが、個人差もあり30歳代から増える人もあります。

ガイド:加齢臭も体臭と同じ皮脂が原因なのですか?

松永:加齢臭については、皮脂の分解物である「ノネナール」という原因物質が10年ほど前に特定されました。また加えてライオンの研究で、30歳前後の男性特有の体臭は同じく皮脂の分解物の「ペラルゴン酸(ノナン酸ともいう)」が原因物質であることを突き止めました。

ガイド:食生活も影響するものですか?

松永:主に体質によるので個人差がありますが、食べ物には、ニオイを作る食材と作らない食材とがあります。肉などの動物性たんぱく質や脂肪は、硫化水素やインドール、スカトールのような悪臭となりやすく、逆に野菜や穀物などはニオイの少ない食材です。日本人の体臭が強くなっているのは、食生活が欧米化して穀物中心から肉食中心に変わってきたと言われています。ですから、食生活である程度改善できる可能性もあります。


ガイド:ガイドのまわりでも夫の加齢臭には悩まさる主婦は多いです。本人はマヒしていて意外と気にしてないかもしれませんが。Yシャツや会社の制服、夫の枕は定番の“臭いが落ちにくい洗濯物”ですよね!

それでは体臭を落とす洗濯術について教えていただきましょう!