化粧直し時も日焼け止めを塗り直して、白肌キープ!

朝にきちんとUVケアをしても、時間がたつと皮脂や汗で崩れてしまいがち。こまめに日焼け止めを塗り直して、肌を紫外線から守りましょう!

1. ティッシュで余分な油分を取る

余分な油分はメイク直しの大敵!

余分な油分はメイク直しの大敵!

化粧直し前、最初にティッシュで顔全体の余分な油分を取り去りましょう。

鼻周りや、Tゾーンは特に念入りに!

 

2. 日焼け止めをもう一度塗る

くるくる塗りで、日焼け止めを付け足して!

くるくる塗りで、日焼け止めを付け足して!

日焼け止めを重ねて塗る時は、くるくると指を回しながら、円形を描くように日焼け止めをつけ足しましょう。

こうする事で、ファンデーションの上からでも、日焼け止めがなじみやすくなります。

 

3. パウダリーファンデーションを重ねて塗る

鼻周りは、パウダーファンデーションを叩き込んで

鼻周りは、パウダーファンデーションを叩き込んで

もう一度、パウダーファンデーションを薄く重ねます。

目の下などは、何度も重ねると、しわっぽくなってしまうので、重ねないようにしてください。

 

新見流・美のルール

プロの美ワザをチェック!

プロの美ワザをチェック!

  • メイク崩れを防ぐ為にも、日焼け止めを塗る前はしっかりと保湿を!
  • 日焼け止めのSPF値は、自分の肌のコンディションと出かける場所を考慮して、上手に使い分けましょう。
  • 化粧下地→日焼け止め→パウダーファンーデーションを3段階で塗って、紫外線をブロック!
  • 日焼け止めを塗った日の夜は、クレンジングと保湿を丁寧に!

  •  

使用コスメ

undefined

 

【モデル着用商品】
ワンピース: middi9450円
ネックレス:Darid Aubrey / middi  13545円
ピアス、サングラス:スタイリスト私物

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。