難関私立大は高3からが勝負

では、早稲田大、慶應義塾大のような私立の難関大の場合はどうだろう。同様に50名を対象にアンケートを行った。

  1. 高校3年生:56%
  2. 高校2年生:39%
  3. 高校1年生:5%

これを見てもわかるように、大半が高校3年生から始めており、難関国公立大学とは異なる。中には夏までクラブに専念して、それからがんばって合格したという生徒もいた。私立大の場合は科目数が少ないので、高校3年生の一年間でもかなりのことができるようだ。実際一年間の浪人生活だけでも、GMARCHレベルで合格できなかった受験生が早稲田大や慶應義塾大に合格している。

高校でも授業重視は言うまでもない。私立大の場合、AO入試や推薦で決まってしまう場合も多い。大学によっては学校での活動を重視するところもあり、生徒会活動やボランティア活動を活発に行っている受験生を合格させるところもある。私立大の場合は、国公立大に比べて大学の求める学生像がはっきりしているので、情報収集を丹念にした方がいいだろう。