食器は分けて選びやすく!食器棚を使いやすくする賢い収納術

同じ場面で使う器をカゴにひとまとめにするセット収納。大皿など特別なときにしか使わない食器は飾ってもいい
一般的には日常よく使う食器は出し入れしやすい高さで。盛り付けのときや取り分けるときといった、使いたい場面を想像してアプローチしやすい場所に食器をしまうというのが基本です。さらに手持ちの食器をどんどん活かすには、前項のしまい方の工夫に加えて、食器をどう分けてしまうかも考えてみましょう。

料理の傾向や食事のスタイルに合わせて食器をグループに分けて、しまう場所を決めていきます。食器を1箇所に集めてしまう場合もあれば、キッチンの棚や食卓近くの棚、居間の棚など、しまう場所自体も分けるというのも一つの手です。

食器をグループ分けするときの要素には、以下のような項目が考えられます。棚1段ごとにグループを対応させるつもりでしまうのは、手持ちの食器を把握しやすくなって、量よりも選びやすさを優先したいい方法です。
  • スタイルで分ける・・・和食、洋食、中華、パスタなど
  • 見た目で分ける・・・大きさ、形状、素材、色柄
  • シーンで分ける・・・朝食や夕食といった日常使い、ティータイム用、パーティー、クリスマス・正月・節句・誕生会など
食生活は家庭ごとに特徴がありますので、食器のしまい方にもその特徴を反映させましょう。グループをつくって収納しておくと、次に買い足す食器のアイテムが明らかになります。

その一方で、近ごろ出番のない食器の存在がすぐに分かりますので、処分しやすくなることも。その結果、棚のなかには現役で使う食器だけが並ぶことになって、使いやすい収納になるはずです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。