簡単バレンタインレシピ! チョコサラミ

所要時間:20分

カテゴリー:スイーツチョコレート

 

手も汚れずできちゃう! バレンタインレシピ

チョコサラミの材料はチョコレートと同量のフィリング、出来上がりにまぶす粉糖とかなりお手軽です。ビニール袋使用で手も汚れずにできます!

チョコサラミの材料(約18cm×直径4cm・1本分

チョコサラミの材料
チョコレート 板チョコ2枚(約120g)
クッキー 30g
ドライストロベリー 5g
ドレンチェリー 15g
ピスタチオ 20g
マシュマロ 30g
くるみ 20g
粉砂糖 適量(目安、約50gを用意)
ナッツやマシュマロ、クッキーなどはお好みのものを、合計120g(チョコレートと同量を目安に)。粉糖をココアパウダーにしたブラックバージョンもアリ!

チョコサラミの作り方・手順

チョコサラミの作り方

1:

ナッツやマシュマロは粗いみじん切りにし、ビニール袋に入れます。 クッキーは袋に入れたら、上から適当に割り砕きます。 ※少し残ったナッツやキャラメル、グミキャンディ、ライスパフなど、お好みの材料でどうぞ。チョコレートと同量が目安です。

2:

板チョコレートはラインに沿って割り、小鍋かボウルに入れ、湯をはったボウルにつけ、スパチュラで混ぜながら溶かします。 板チョコレートはラインに沿って割り、小鍋かボウルに入れ、湯をはったボウルにつけ、スパチュラで混ぜながら溶かします。

3:

フィリングの入ったビニール袋に溶かしたチョコレートを加え、袋の上からよく揉み、チョコレートとフィリングをまんべんなく混ぜ合わせます。 すると、だんだんチョコレートの温度も低くなり、写真のようにまとまってきます。

4:

ビニール袋のしわを伸ばし(チョコレートに袋がめり込まないよう、袋とチョコレートを離す)、チョコレートを袋の底に沿わすようにして、棒状にまとめます。 袋ごとコロコロ転がし、円柱にします。 袋のまま、冷蔵庫で約20分冷やします。

5:

新しいビニール袋に粉糖を入れ、冷蔵庫から出したチョコレートを入れます。 袋をふるように、チョコレートを転がしながら、粉糖を全体にまぶします。 ※ココアパウダーでコーティングする場合は袋をかえず、続けてもOKです。

6:

チョコサラミは食べる際、輪切りにして、お召し上がりくださいね。 ※4、5日は持つので、差し上げる2日位前に作ってもOKです。

ガイドのワンポイントアドバイス

甘い香りに手作りも楽しいチョコレートですが、ワクワクした分、片づけが面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。その手間を省くためにも、レシピではビニール袋を使用していますが、それでも省けない工程もあります……。そこで私が日頃行っている、チョコレートを作る際の密かな楽しみを紹介します!チョコレートを溶かす際、使用した小鍋(チョコレートがまわりに少し残っている状態)に牛乳、スパイス(シナモン)を加え、これまた使用したスパチュラで、チョコレートを落とすよう、よく混ぜながら温めていきます。ボウルでチョコレートを溶かした場合は、温めた牛乳とスパイスを注いで、よく混ぜてくださいね。これで片付けをしながら、お疲れ様のホットチョコレートミルクもできちゃいますよ。これは作ったアナタだけのお楽しみ、ご褒美です。さぁ、素敵なバレンタインに向けて、一緒に頑張りましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。