まとめ - この軽快さはクセになる

バッテリーは小型のものだが、CIPA準拠のバッテリーライフは290枚

バッテリーは小型のものだが、CIPA準拠のバッテリーライフは290枚

とにかく軽快であり、この特徴はなにをもっても代え難い。もちろん、いくつか弱点はある。コンパクトサイズでCMOSを搭載するデジカメの宿命なのか、エッジがかなり甘めだ。これに起因して画素数の割には解像感に欠ける気がするし、イメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機構は効きが弱い(これもRシリーズからの伝統であるのだが)。

しかし、28-300mm相当という焦点距離は、非常に使いやすいものとなっている。おおまかに言って、日常で考え得るほとんどの撮影シーンをカバーできるズームレンズであるのだ。

ズーム動作も素早く、さらにデジタル処理で歪曲収差を補正している(撮影時には目立つワイド端の樽型歪曲が、実際の画像では補正されている)こともあり、大倍率ズームの持つ弱点はほとんど見受けられない。F3.5-5.6と開放値が暗いことが弱点として挙げられるだろうが、こればかりは物理的、価格的にどうしようもない。

この微妙な段差がもう気になって気になって……。

この微妙な段差がもう気になって気になって……。

まあ、そういった撮影に際してのことよりも、もっとも気になったのはトップパネルにある段差が指の腹にやたらひっかかったことだったりするのだが……。

シャッター速度優先AEやマニュアル撮影などはできないなど、オート撮影を基本とした機種ではある。それでも多彩な機能があり、それなりに撮影経験のあるユーザーでも気軽に使える製品となっているのではないだろうか。

どちらかといえば、ある程度の撮影経験を積んできているユーザーが画質を割り切って使う軽快なデジタルカメラだと感じた。

リコー CX2 実写画像へ


 

【関連サイト】
リコー CX2 商品情報



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。