田中さんと佐藤さんは同じ時期に30万円で投資信託をスタート。田中さんはAファンドを、佐藤さんはCファンドを購入しました。それから10年後、どちらのファンドも運用成績は全く同じでした。ところが、残高は4万円近くの差! なぜでしょうか? そのカラクリは販売手数料と信託報酬にありました。

最初に0~3%の販売手数料が必要

投資信託を買う際にまずかかるのが「販売手数料」。投資信託の会員になるための入会金のような位置づけです。購入にかかるコストとして販売会社に支払います。手数料率は販売会社が独自に決めることから、同じ投資信託でもどこで買うかによって手数料が異なる場合があります。購入価格の2~3%程度が一般的ですが、最近では、「ノーロード」と呼ばれる販売手数料無料の投資信託もたくさん登場し、人気を集めています。

同じ30万円の購入価格でも販売手数料の違いで、投資に回る金額の差は約1万円。Cファンドはマイナス3%からのスタート。

同じ30万円の元手でも、販売手数料の額によって、実際に投資に回る金額は1万円近くの違いになります。販売手数料の分だけ「元本割れ」となるわけですから、購入前によくチェックしましょう。

10年後に4万円の差になった理由は次のページでご紹介します。