投資信託/投資信託関連情報

荒相場に強いコツコツ時間分散の投資法(4ページ目)

荒れる相場も平準化してくれるドルコスト平均法。定期的に少しずつ購入することで、時間の分散を図り購入価格を安定させることができます。最初に投資方針を決め、後はのんびりコツコツ増やせる投資法です。

執筆者:牧野 なな子

  • Comment Page Icon

ドルコスト平均法の落とし穴

市場の下落はしっかりウォッチしておかないと。

ここまでドルコスト平均法は万能とお伝えしてきましたが、これは、世界経済が変動を繰り返しながらも最終的に右肩上がりの成長を続けることを前提としたものです。もし、投資信託の基準価額が下がり続けるままの場合は、もちろん万能とは言えません。

リスクが高い投資をしていて上昇の見込みがない場合や、純資産総額が急激に落ち込み繰り上げ償還になってしまう場合、損を覚悟で早めに売却した方がよいこともあり得ます。

いづれにしても投資には世界経済の状況を観察しておくことが必要です。TVニュースや新聞で、経済の流れに関心をもっておくようにしましょう。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます