いよいよ確定申告の時期になりました。申告書の書き方の説明書はとっても分かりやすい。その上、税務署の係員や無料相談の税理士さんは大変親切です。恐れずに「確定申告」をして税還付を受け、豪華(?)ランチをいただきましょう。準備のための情報をまとめてみました。


「確定申告」とは

確定申告は、本来納めるべき税額を自分で計算して税務署に申告し、「税金をまだ納めていない・納めた税金が少なすぎた・納めた税金が多すぎたなどの調整をする」制度で、申告期間は2月16日から3月15日までです。

確定申告をしなければならない対象者は

●事業所得や不動産所得などがある人
●給与所得者の中で
 ・平成12年度の給与収入が2000万円を超える人
 ・給与所得以外の各種の所得金額が20万円を超える人
 ・給与を2ヵ所以上から受けている人で、年末調整されなかっ た給与の収入金額と各種の所得金額の合計が20万円を超  える人
 ・所得税を源泉徴収されていない給与所得者
 ・災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受け  た人
●退職所得がある人で「退職所得に関する申告書」を提出せ  ずに20%の源泉徴収を受け、その額が本来の納税額より少  なかった人

などです。


所得税の税率

  課税所得金額           税率
  1,000円~3,299,000円まで  → 10%
3,300,000円~8,999,000円まで → 20%(控除額33万円)
9,000,000円~17,999,000円まで → 30%(控除額123万円)
   18,000,000円以上      → 37%(控除額249万円)

(例)課税所得500万円の人の所得税の計算法:

  5,000,000円×0.2?330,000円=670,000円 
  (課税所得額)   (控除額)


要注意の所得

確定申告しなければならない所得の中で、注意が必要な所得には次のようなものがあります。

【1】雑所得

資産運用をしている人に、最も関係がある所得です。計算式は、「所得額=収入金額?必要経費(保険料や掛け金、元本なども含む)」です。雑所得の中で、損益通算ができます。




  関連記事 → 「知恵から節税、無知から脱税」