JTBのフリープランとレジャー年金

 
好きな時に、好きな金額を預け入れて、必要な時に使う。自由度満点の旅行積立がJTBの「フリープラン」です。自由度が高いだけにサービス額率(年利換算率)は1.5%(日割り計算)とちょっぴり低くなっています。

「レジャー年金」は、積立期間は12~60回、積立総額を100万円以上2000万円までの範囲で自由に設定し、積立終了後5年間均等に分割して使う、年金タイプの旅行積立です。サービス額率(年利換算率)は積立期間中は2.5%、受取り期間は中1.00%です。



以上から、6ヵ月後の旅行であればJALの「一括払い・6ヶ月満期プラン」(2009年9月30日までに申込み)、思い立った時に旅行したい人はJTBのフリープラン、定年後5年間の旅行あるいは娯楽の資金を準備したいと思っている人はJTBの「レジャー年金」、会社で使う場合には「JAL旅行積立毎月払いコース」という使い分けが考えられます。

旅行積立の満期金は、現金ではなく使途の限られた旅行券で発行されます。また、「旅行積立」は金融商品ではありませんので、会社に万が一のことがあっても保証はされません。これらのリスクを充分に考慮した上で、生活を豊かにするツールの1つとして利用するといいのではないでしょうか。

JTB「たびたびバンク」はこちら

「ANA旅行積立」はこちら

「JAL旅行積立」はこちら

日本旅行「ドリームプラン」はこちら

日本近畿ツーリスト「旅したく」はこちら

HIS「貯めチャオ」はこちら

■ガイドのおすすめ記事
退職後5年間のレジャー資金を準備する
旅行積立の旅行券 使える範囲は?


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「ファイナンシャルプランナーに相談したら家計が黒字化した!」「家族にバレずに債務整理できた!」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。