退職後のご褒美を準備

退職後のレジャー資金は、旅行積立で用意するのがおすすめ

退職後のレジャー資金は、旅行積立で用意するのがおすすめ

退職後の数年間は海外旅行や国内旅行、コンサートなど自由に楽しみたい、と考えている人は少なくありません。しかし、年金生活になると、まとまった額をレジャーに支出するのはちょっと……と計画を実行できない人が多い、というのも現実です。ならばレジャーにしか使えないお金を準備しておく、というのはいかがでしょう。そんなときに使える旅行積立が「JTBレジャー年金」です。

「JTBレジャー年金」は、積立回数・金額ともに自由に設定し、積立終了後は毎年1回5年間にわたって「積立総額+サービス額」を均等に受け取る、という仕組みの旅行積立です。旅行だけでなく、イベントや野球観戦などにも使えます。

2000万円まで積立可能

積立回数は12~60回の中から選びます。もちろん金額設定も自由ですが、積立総額は100万円以上2000万円までです。

例えば「60歳から5年間、夫婦でゆっくり旅行やコンサートを楽しみたい。その資金として毎年50万円は欲しい」と55歳で考えたとしましょう。 その場合は、60歳までの5年間(60回)に毎月3万8455円を積み立てます。そうすると毎年約50万円のレジャー資金を受け取ることができます。

JTBホームページ「レジャー年金」のシミュレーション結果より作成。2013年8月2日時点(クリックで拡大))

現在の預貯金金利からは考えられないサービス額です
※JTBホームページ「レジャー年金」のシミュレーション結果より作成。2013年8月2日時点
(クリックで拡大)


サービス額の年利換算は? 詳しくは次ページ>>>