文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

国民年金は40年間納めたら満額がもらえるそうですね。私は、今年に30歳になります。昔33ヶ月間、国民年金の保険料を免除してもらっていました。また、その後1年間はアルバイトなどをしていましたので、保険料を滞納した期間もあります。

免除してもらった保険料を納付しようと思って、毎月貯蓄してきましたので60万円ほど手元にあります。払うなら今だと思うのですが、これからの先の生活も不安定ですし、迷っております。アドバイスをいただければ嬉しいです。(A子:フリーター)

まず、いただいた資料をもとにあなたの年金歴を整理してみましょうね。



A子さんは、昭和47年(1972年)7月23日生まれですから、今年30歳。年金歴は、平成14年6月1日現在(4月分まで納付)では、上記の図のようになります。

確かに、国民年金は20歳から60歳になるまでの40年間について、1ヶ月も滞納月がなければ、満額の80万4200円を受給できます。
学生時代の免除期間となっている33ヶ月間分について、追納(免除期間は、その後10年経過するまでであれば、遡って保険料を納付できる)し、滞納した12ヶ月分については、60歳から12ヶ月任意加入すれば、40年間を保険料納付期間で埋め尽くすことができます。だから、満額の老齢基礎年金を受給することは可能ですね。

A子さんは、こういった年金のしくみを理解した上で、コツコツと積み立てをしてこられましたし、計画的にお金を準備することができる人のようですね。