脱退手当金を受取った期間は合算対象期間

昭和36年4月以降の厚生年金の脱退手当金を受給した期間については、昭和61年4月以降国民年金の被保険者期間のある場合(E子さんは第3号被保険者期間あり)、老齢基礎年金の受給資格期間(原則25年)をカウントする際の「合算対象期間」として扱われ、保険料を納付した期間や免除してもらっていた期間に合算することができます。

合算対象期間は、別名「カラ期間」とも呼ばれています。

これは、年金がもらえるかどうかをみるときの受給資格期間としてはカウントしますが、年金額を計算する際には、中身(年金原資)の無い空っぽの期間扱いだからです。

E子さんにとっては、とても残念な結果ですね。
でも、お友達がおっしゃる通りで、過去にはそういう制度があり、それを受給できた時代があったことは事実なのです…
もし、今その期間が残っていたら、20歳以上60歳未満の厚生年金の加入期間だから、老齢基礎年金と老齢厚生年金の二階建ての年金に入っていた期間として年金がもらえたのですけれどね。

その時にOKでも、制度は変わるので困ったものです…

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。