文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

超低金利時代に朗報!?


超低金利時代が続いていますね…

こんな時代には、わずかな金額差でも敏感に動きたくなるものです。
1円の利息は貴重!ということで、郵便局のニュー定期にはまった人もいるのでは?

また、保険料をまとめ払いする制度を利用して、各月に払う場合よりも割り引いてもらう努力をしている家庭も少なくありませんね。実行した方が確実に「お得」な制度は、無理さえなければ使わない手はありませんから!

例えば、まとめ払いの代表選手ともいえる最もポピュラーなものは、生命保険保険料ではないでしょうか。
生命保険の保険料をまとめて年払や半年払いで前納すると、本来の保険料を割り引いてもらえます。わずかな割引き額だとしても、預貯金して受け取れる利息のことを考えると笑う気にもならず、思わず真剣になったりして…ね。

さて、そんな家計のやりくりに頭を悩ませている自営業者など国民年金の第1号被保険者(定額の保険料を納付している人たちで、国民年金の保険料=2005年度月額1万3580円)に朗報です!

国民年金の保険料をちょっと頑張るだけで、割り引いてもらえる制度が導入されますよ!

「ちょっと頑張る」って、どのくらい?…気になるのがその内容。
1回だけ2か月分の保険料をまとめて払う程度の努力ですから、誰にでも手が届きそうだと思いません!?
具体的な制度の利用法は、次のページへ