サラリーマンと結婚した専業主婦のメリットね
専業主婦してきたけれど、結婚したのがサラリーマンで本当によかったわ!


恵子さんのように今まで一度も保険料を払わないでいたら、結婚した相手が自営業だったら、年金はもらえませんでしたよね。だからこのケースは、恵子さんが厚生年金に加入している人と結婚したことがポイントだったんです。

恵子:
よくわかりましたよ。あたしは昭和45年の6月に結婚したから、昭和61年3月までは、そのカラ期間ですね。そして、昭和61年4月からは3号の期間ってわけですね。

マダム:
そう、今、手元で計算してみたけれど、カラ期間だけでも15年10ヶ月あるし、平成17年12月までの3号期間をあわせると、すでに30年超えていますよね。だから、年金はもらえるんです。

ただし、ご主人が退職された時点で恵子さんの年齢が60歳未満だったら、60歳になるまでは自分で国民年金の保険料を納めてくださいね!
その手続きは、市役所の中にある年金窓口ですからね。

恵子:
はいはい、よ~くわかりました。
これから先のことはあまり分からないけれど、うちのお父ちゃんは65歳になるまで働くって言ってるんですよ。
だから、ずっと60歳になるまで3号でいけるかもしれないよね。
そしたら、正真正銘の「自分で保険料を一度も払わなかった人」になれるかもしれないですね。これ、めざそうかなぁ~!

マダム:
ま、そんな人もいるかもしれないね…

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。