年金の加入記録

パソコンを使えば、いつでも年金の加入記録が調べられます!
国民年金や厚生年金を受け取るのは原則65歳を過ぎてから。原則20歳から60歳までの40年間のうち、25年間以上は公的年金制度に加入して保険料を納めることが必要です。自分自身のことでありながら、年金の加入記録を管理することは、簡単ではありません。

特に、会社員やその配偶者については、会社が年金関係の手続きをするので、「よくわからないけど、年をとって年金がもらえないことはないだろう…」と漠然と思っている人も多いでしょう。しかし、年金の加入記録をあまり気にしたことのない人でも、自分が将来どのくらい年金をもらえるのかは興味があるでしょう。

年金額の計算に欠かせない情報が、加入記録です。この年金加入記録がインターネットでいつでも調べられるようになりました。今回は、簡単で便利なインターネットを利用する年金加入記録の調べ方、「年金個人情報提供サービス」をご案内します。
 

年金個人情報提供サービスとは?


国民年金や厚生年金の加入記録は、どこで管理しているのか?それは、社会保険庁です。年金の加入記録は、社会保険事務所や年金相談センターで確認できますが、インターネットでも確認できます。

「年金個人情報提供サービス」は、年金の加入記録を管理する社会保険庁が行っています。このサービスでは、インターネットで年金の加入記録を24時間いつでも確認できます。確認することができる主な内容は以下のとおりです。
  1. 年金加入記録(加入制度、加入期間等)

  2. 厚生年金に加入していたときの会社名

  3. 国民年金の月ごとの保険料の納付状況

  4. 厚生年金の標準報酬月額と標準賞与額 など

記録の更新のタイミングによっては実際の手続きから1~2ヶ月遅れた表示になることがありますが、毎月1回更新されます。

このサービスを利用するには、利用申込を行ってネットワークに接続するためのユーザIDとパスワードの発行を受けます。手続きの流れは以下の通りです。
※社会保険庁HPより


まずは利用申し込みが必要です!(次ページへ)