年金入門 ガイド 原 佳奈子

はら かなこ

年金制度を軸に将来生活設計まで、総合的に入門知識を解説

年金総合アナリスト。
年金・社会保障を軸とした将来生活設計に関する講演・執筆などを行う。また、幅広い業界で企業研修の企画・実施支援に携わりながら、公的年金の他、企業年金・個人年金、さらには老後を視野に入れた資産形成に関する啓蒙及び教育活動に携わる。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数169

ガイドからの挨拶

「保険料は払っているけど、将来、ちゃんと年金はもらえるの?」。特に若い世代から、このような声がよく聞かれます。 そもそも「公的年金」は、社会保障制度のなかの社会保険の1つです。公的年金は保険制度であるということをよく知らないまま保険料を払っている、あるいは、わからないから払っていない期間があるという人もいるでしょう。 公的年金については、社会的扶養のもと一生涯にわたり給付を行っています。高齢期に働けなくなった時の給付だけでなく、現役時代においても障害年金や遺族年金など万一のときの保障も行っています。 今後ますます長くなる老後期間を考えたとき、国からの年金がどのような内容なのかを知れば、計画をたてやすくなります。

 また、老後期間がますます長くなるこれからの時代、年金制度全体をみると、公的年金を土台として、企業年金や個人年金といった上乗せとなる私的年金を組み合わせて、老後の所得確保を行うことが必要になってきます。どの世代にも、年金についての正確な知識を持っていただき、自分のライフプランを考える際においても、早いうちから意識してもらえるよう、このサイトの中で、年金制度を中心に、老後とお金を含めた将来生活設計についても、わかりやすく解説していきます。

ガイドの新着記事

  • 年金の受取額を増やすには?公的年金の「繰下げ」という選択肢も

    年金の受取額を増やすには?公的年金の「繰下げ」という選択肢も

    公的年金は、他の社会保険と同様リスクに備える保険制度です。障害年金や遺族年金もありますが、特に老齢年金は終身年金であり一生涯支給されるので、本来ならばおめでたい「長生き」が、お金が足りなくなるような「リスク」にならないように備える保険といえます。平均寿命が延びる中、健康に気を配りながら、少しでも長い期間働き、その分公的年金は遅く受け取り始めることで、給付に厚みを持たせるという方法があります。

    掲載日:2020年12月08日年金
  • 年金で節税!確定申告前に確認すること

    年金で節税!確定申告前に確認すること

    確定申告の時期が近づいてきました。自営業者やフリーランスは、1年間の所得について確定申告をしなければなりません。この時期に確認しておきたい年金と税金のポイントについてみていきましょう。

    掲載日:2019年12月25日年金