金運のいい女は、幸せを呼ぶコトバを使う

幸せのシンボル四葉のクローバーも、じっと待ってても見つからない。自分で見つけにいかなくちゃ!
私たちは日ごろコトバを使って話したり、書いたりしていますが、物事を考えるとき、何かをイメージするときにも「コトバ」を使っています。最近では、このコトバの大切さがいろいろなところで言われていますね。ネガティブなコトバを使うと、言われた相手、聞いている人だけでなく、最も近くで聞いている自分自身の心に深くネガティブが刻まれてしまいます。

「ありがとうございます」「私は素敵な友達に囲まれて幸せです」「いつも好きなことをしているので楽しいです」「私はお金をしっかり貯めています」「私には十分なお金があります」「私はいつもお金の使い方に満足しています」

というように、あなたが理想とする状態を表すコトバを意識的に使ってみましょう。そうすれば、あなたの脳はそれを真実ととらえて、実現していこうと自動的に行動へと導いてくれます。幸せを感じられるコトバを使うことで、心も身体も健康で幸せになり、人もお金も集まってくるんですね。

金運のいい女になりたいなら、幸せを呼ぶコトバを使いましょう!
 

金運のいい女は、「自分は運がいい」と思っている

金運アップに効果があるといわれるパワーストーンを買ったR子さんとC子さん。その数日後、R子さんは「こんなにいいことがあった!」と大喜びしていましたが、C子さんは「何もいいことが起こらない……。このストーン、効果ないわね。」と不満顔。同じものを持っていたのに、2人の違いはどこにあるのでしょう?

R子さんは、パワーストーンを買ってから、旅行先のホテルが思いがけずワンランクアップされたり、キャンセル待ちだった席が直前に空いたりといったことがあったそう。

「今までだったら単にラッキー!と通り過ぎてしまったり、当然のことと思って記憶に残っていなかったと思います。でも、今回は「あっ!これはパワーストーンの効果かも!」と思って誰かに話したい、と思ったんですね。気づいた瞬間すごく嬉しかったです。」(R子さん)

そう、今までだったら気づかなかったことが、パワーストーンを買ったから何かいいことが起こるかも。これかな?このことかな?といつも意識がそちらに向いていたので、ちょっとでもいいことがあったら「これだ!」とキャッチすることができたんですね。そして、それは決して自分の力ではなくて、「運が良かった、ありがとう」と謙虚に感謝する気持ちがあるから気づけたのです。

本当は、金運の悪い人なんていないんです。悪いと自分で思い込んでいるから、良くなるチャンスを逃してしまっているだけなのです。

金運がいい人とは、小さな奇跡をいっぱい見つけることができる人。目の前にある幸せに気づける人であり、感謝をする心がある人なんですね。

金運のいい女になりたいなら、今日の幸せをたくさん見つけて感謝しましょう!
 

<関連記事>
豊かさマインドを育てるお金との付き合い方
私らしい幸せを手に入れるキャリア&マネー
心の壁をとりのぞいて夢を実現

■お金の使い方を見直したい、上手にお金を貯めたい、投資を始めてみたい方への情報が満載!
女性のマネープランをつくる
女性のマネープランと資産運用
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。