三重の中学受験制度

作成中

作成中

伊勢高校、津高校、四日市高校を始め、公立高校が高い大学合格実績を誇っている三重県は、公立中学から公立高校へ進学する人が多いため、中学受験熱はそれほど高くない地域となっています。

国・私立中学に通う生徒は1000名程度で、私立中学への進学率は全体の6%ほどとなっています。

三重県には、私立中学が10校、国立中学が1校ありますが、中でも注目は、東大や京大に多くの合格者を出している高田中学。その他の代表校は、暁、鈴鹿、三重が挙げられます。

三重県の中学入試は毎年1月中旬ごろから始まります。受験科目は、国・算の2科目型、国・算・理・社の4科目型があり、暁、鈴鹿、高田、三重をはじめ多くの中学校が4科目型になります。ただし、暁や三重の後期入試のように2科目型の場合や、中学によっては作文や面接を課すところもあります。

国立中学は、三重大学教育学部附属中学校があり、国・算・理・社の4科目の学力検査と面接検査が2日間にわたって実施されます。

参考までに連携型の公立の中高一貫校として白山高校、飯南高校、南伊勢高校南勢校舎があります。応募資格として出身中学校がそれぞれ白山高校は白山中学校、美杉中学校、飯南高校は飯南中学校、飯高西中学校、飯高東中学校、南伊勢高校南勢校舎は南勢中学校となっています。なお、連携型中高一貫教育に係る選抜の志願者は、前期選抜への出願はできないことになっています。