不景気のあおりで家計の収入がダメージを受ける中で、ムリせずに支出をシェイプアップできるのが、保障の見直し。前回の「主婦の医療保障 どこが安い!?共済編」に引き続き女性の保障の見直しについてのお話です。

【Contents】
■生命保険会社の終身医療保険もお手頃プライス!?(1ページ目)
■メジャーで分かりやすい保障の「EVER」シリーズ(2ページ目)
■革新的な保障と低保険料を実現した先駆者「CURE」(3ページ目)

生命保険会社の終身医療保険もお手頃プライス!?


前回は女性の医療保障をカバーするおススメ共済をご紹介しましたが、今回は生命保険のお話です。

終身医療保険
もしもの時の安心を生涯にわたって得たいなら、早く加入した方が保険料もお得
様々な女性の医療保険がある中でも、「終身タイプ」(一生の保障)にクローズアップします。

その中でも、解約返戻金や生存給付金をほとんどなくして、徹底的に保険料のリーズナブルさに主眼をおいたタイプです。

共済商品と医療保険商品との大きな違いは、共済商品が加入年齢に関わらず保険料が一律(18歳から60歳までなど)なのに対して、生命保険会社の医療保険は、加入時の年齢によって保険料が異なることです。

年齢が若い方の場合は、共済商品より医療保険の方がリーズナブルなこともありますし、同じ商品同士でも年齢が高い方の場合は共済商品の方が安い場合もあります。

皆さんの場合はどうでしょうか?前回の記事(共済編)と見比べてチェックしてみてください。

安い保険料で一生涯の保障を得たい方は必見です。近年は保険会社の主力商品となっている医療保険。

その中でも、リーズナブルさで頭一つ飛び出て、しっかりと保障も兼ね備えたイチ押し保険商品をご紹介します。まず最初は「EVER」から!

メジャーで分かりやすい保障の「EVER」シリーズ  次のページへ