07年冬のボーナス
今年の冬のボーナスはアップするのかな?
いよいよ冬のボーナスの支給時期になりました。皆さんの口座には、もうボーナスは振り込まれましたか? 買い物や旅行などで使った後は、残りをそのまま普通預金に入れっぱなしという人が意外に多いと聞いています。

「まとまったお金は、きちんと定期預金に預け替えをしているよ」という人も、他の銀行との金利を比較したりしていますか? 今回は、07年に開業した注目の銀行やネット銀行の冬のボーナスキャンペーンの金利を調べてみました。預け先選びにご活用ください。

【記事のインデックス】
07年冬のボーナス事情……1P目
07年新設銀行のボーナスキャンペーンに注目!……2P目
気になるネット銀行の金利は?……3P目
安全志向なら、個人向け国債は買い?……4P目
金利感度を高め、資産形成力をつけよう!……4P目


07年冬のボーナス事情

■07年冬のボーナスは、微妙!?
昨年、そして今年の夏のボーナスまでは、企業の好業績を背景に「ボーナス支給額、過去最高!」と景気の良い話が聞かれました。ところが、今年の冬のボーナス支給時期になってみると、少し様子が違ってきているようです。

インターネット調査会社のマクロミルが実施した「2007年冬のボーナスに関する調査」によると、今年の冬のボーナスは、昨年に比べ「増える予定」(18%)、「減る予定」(21%)という結果でした。年代別で見ると、20代の「増える予定」(30%)、「減る予定」(9%)に対し、50代は「増える予定」(5%)、「減る予定」(33%)となっており、高齢層ほど厳しいボーナス事情であると言えそうです。

また、日本経団連が取りまとめた大手企業の07年冬のボーナスの支給状況(第2回集計)によると、平均支給額は897,341円で前年対比0.63%の伸びで過去最高を更新。一方、中小企業においては、業績の伸び悩みなどから、冬のボーナスが減らされる傾向にあります。07年冬のボーナス事情を総括すると、「ボーナス格差」が確実に広がっていると言えそうです。

■女性の方が男性より安全思考!
前出の「2007年冬のボーナスに関する調査」から、今年の冬のボーナスの使い道を男女別で見てみましょう。男性は1位が「預貯金」(47.6%)、2位が「ローンの返済」(37.8%)、3位が「生活費の補てん」(37.5%)になっています。女性は1位が「預貯金」(58.7%)、2位が「衣料品」(28.2%)、3位が「生活費の補てん」(25.7%)になっています。

男女ともに「預貯金」と回答した人が最も多くなっていますが、男性の47.6%に対し女性は58.7%と、11.1ポイント高い割合になっています。一方、男性は「株式や証券などの金融商品」と回答した人の割合が10.1%で第7位にランクインしていますが、女性はランク外となっています。女性の方が男性よりも「貯蓄・投資」に関しては、安全志向であるということが鮮明に表れた結果となりました。

<冬ボーナスの使い道>
ボーナスの使い道
※インターネット調査会社マクロミル「2007年冬のボーナスに関する調査」
よりガイド平野が作成


「貯蓄から投資へ」と言われて久しいですが、世間ではまだまだ安全志向が主流のようです。そこで今回は、預貯金をテーマに注目の銀行のボーナスキャンペーンをまとめてみました。

気になる07年新設のあの銀行のボーナスキャンペーンは?