「自己破産」デマ注意報

自己破産のデマ
自己破産にはいろんな噂を聞くけれど・・・。本当はどうなんだろう?
返済がどうしてもできなくなってしまった人を救済する制度「自己破産」。
しっかりとその後の生活を立て直しやすくするためにと考えられているものなのに、意外とみなさん偏った先入観を待たれていたり、周囲からの雑音によって誤解されていたりもするようです。なかには、人として悪いことのように思われている方まで…。

みなさん借金を整理する前には、いろいろな不安や疑問があります。そしてそれがどんどん膨らみ、あたかも本当のことのように植えつけられているのです。

そこで今回は自己破産にまつわる、デマ情報(ウソ)や噂を整理していきたいと思います。

これから挙げる項目のうち、どれがデマ情報かわかりますか?
  • 戸籍や住民票に記載される。
  • 年金がもらえなくなる。
  • 選挙権がなくなる。
  • 給料がしばらくの間、自由に使えない。
  • 一生、ローンやクレジットカードを利用できない。
  • 子供の就職に不利になる。
  • 印鑑証明書がとれなくなる。
  • 海外(旅行)に行けない。
  • 生活必需品までとられる。
     
  • 引越しができない。
  • 自己破産したことを、職場に連絡される。
  • 家族の人まで、ブラックリスト(事故情報)にのりカードが使えなくなる。
  • 会社を解雇させられる。
  • 折り合いがつかない貸金業者には、手続き後も返済しなければいけない。