言葉尻だけを捉える報道

堀江社長の上記の発言や今までの発言の中には、確かに誤解を招くものも多いかもしれません。しかし、その言葉の裏には今まで「常識」と捉えていたことも、本当に常識なのかを疑う必要性があるようにも思います。

話が多少変わりますが、ライブドアが求めたニッポン放送のフジテレビジョンに対する新株予約権発行を差し止める仮処分決定を下したとき(平成17年3月11日東京地裁)、裁判所が指摘した興味深い点がありました。

「放送の公共性が害される」としたニッポン放送の主張について、「(ライブドアの)堀江貴文社長の発言の片言隻句(へんげんせっく)をとらえたに過ぎない。公共性が失われるとは認められない」と述べました。片言隻句とは、一つの文句、ちょっとした言葉という意味で、裁判所はその言葉や言い方だけを問題にして意味を履き違え、全体について見失ってはいけないという指摘をしたことも印象的でした。

堀江社長の発言は揚げ足を取るかのように様々に解釈されていますが、彼の行動を見ていると、日本はこのままではいけない、もっと柔軟に経営・経済のあり方を考えるべきでは?といっているようにも思います。こんな考えをもった人が5人、10人と集まれば日本の経済はどう発展するでしょう。

プラスのときにマイナスを見据える

誰だって破産はしたくありません。堀江社長も間違いなくそうです。TV等では平然とし、余裕さえ感じさせる姿で、実に自然体に見えますが精神的には決して楽ではないでしょう。ですが、調子のいいプラスのときにマイナスも見据え、マイナスなときにプラスの一手があることを忘れない、という揺るがない意思、肝の据わったアグレッシブさには、学ぶところがあるのではないでしょうか。失敗し、それを悲観しているだけでは再起はありえないのですから。再び頑張るため、リセットを考えるくらいの強い精神力を持ちたいものですね。


関連リンク
自己破産のデマ[All About お金を借りる・返す]
借金解決のための4つの方法[All About お金を借りる・返す]
自己破産したらどうなる?[All About お金を借りる・返す]
「借金苦の最後の手段」自己破産 [All About お金を借りる・返す]

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。