人生が変われば大きな自信に!

借金生活、抜け出すための”3つのルール”

借金生活から抜け出すには、ポイントがあります。まずはいつもの当り前をちょっとだけ変えてみましょう。

借金整理は人生の汚点のように感じる人もいるかもしれません。借金をしてきた自分から変わりたい、そういう思いで頑張る人は、確実に変わります。「頑張る」というとちょっと大変なイメージになってしまうかもしれませんが、極端に大変なことではありません。
ちょっとしたことでも、頑張りは家計に正直に現れます。これまでに人生で、頑張って効果が上がったことが少ないから、とおっしゃる人でも、きちんと実を結ぶのが家計です。
そのための3つのルールをこれから説明します。借金整理をした人が再び借金に傾いていかないようにするための自己教育法です。拙書「お金が貯まる人の思考法」に書いた一部分の紹介です。

ルール1 クレジットカードは使わない

クレジットカードはお金を使った感覚がなく、また利用した店舗がクレジット会社に請求する日が遅れていたり、締日が把握しにくかったりし、お金の流れが乱れやすくなります。
借金整理者だけではなく、貯金生活を考える人にもクレジットカード利用はお勧めしません。貯金生活者は、もし使っても1枚に限定しましょう。
借金整理をした人は、クレジットカードは数年利用できません。万が一何らかの理由により手にすることがあっても、使ってしまっては詐欺行為です。
借金整理をすることが決まったら、公共料金、携帯電話代、インターネット料金などクレジット払いにしているものは支払い方法を変更しましょう。

当り前だけれど、その分誰にでもできることです。次からがルールの要になります。残る2つは次ページで!