借金の返済・債務整理/これがキホン!お金を返す大事な話

自己破産なんかで、あなたの人生終わらない(3ページ目)

中身を正しく理解されていないことが多い「自己破産」。破産するとどういう影響を受けるのか? 実生活では何が変わるのか? それをカバーするためのヒントをまとめてみました。

横山 光昭

執筆者:横山 光昭

お金を貯める体質改善ノートガイド

  • Comment Page Icon

大きな影響を受けるかは人によって差がある

自己破産なんかで、あなたの人生終わらない
破算で影響を受ける度合いは、個人によって違う。
不動産や生命保険の解約返戻金、退職金、株、自動車といった財産は特にないという場合、破産による影響は少ないことを理解いただけたかと思います。また、その逆があることも確かです。
しかし結論をいうと、乗り越えられる影響が多いのです。破産して制限を受ける職業をされている人の方が圧倒的に少ないですし、もしそのような職業の方であっても免責されれば制限はなくなり、また就けます。

個人信用情報機関への登録に関しても、破産に限ったことではなく、他の解決策を講じてもそうですし、遅滞が続いたりしても記録はされるのです。ですので利用状況によっては、もしかすると既に記録されている可能性だってあるわけです。そういったことを気にしすぎても全然だめなわけで、今後の自分を変えるため、ブラックリストに載りたいとばかりに突き進むくらいの気持ちで借金と向き合ってほしいと思います。すべて現金で生活していけるようにする、この気構えがあれば問題ではありません。

千差万別なので一概には言えませんが、今までの無理に無理を重ね、多大に膨らませた借金をなくし今後の生活の安定させることと、破産することにより受ける影響(痛み)のバランスは、冷静かつ賢明に“安定した生活を手に入れるために”と考えれば明確な差があることは間違いないのです。そこに一時的な痛みは多少なりとも伴います。それを受け入れたくないと考えていては、解決は一向にありえなく、受け入れると自分はどうなる? それはカバーできる方法はないのかと捉え前進した人が、本来の意味で再スタートを切れる人なのです。




【関連リンク】
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます