借金の返済・債務整理/これがキホン!お金を返す大事な話

コツコツ返済より2倍もお得なボーナス返済(2ページ目)

借りたお金の利息は高い!その節約のために、ゆとりがあればボーナスで多めに返済することをお勧めします。利息の差はとても大きく、知ってしまうともったいなく思ってしまいますよ。

横山 光昭

執筆者:横山 光昭

お金を貯める体質改善ノートガイド

  • Comment Page Icon

こんなにも違う。利息の負担

コツコツ返済より2倍もお得なボーナス返済
こんなに差があるのは見逃せない!
夏冬2回だけ、ボーナスを利用して返済した場合をさっそく見てみましょう。

●借入額80万円、金利28% 2回だけボーナスで多く返済する場合
ボーナス返済支払い明細

この場合、最初の1年目に支払った利息額は112,190円となります。このペースで返済ができると、17回、1年半で支払いが終了します。しかも17回分の利息分は119,993円。返済総額は919,993円。

元利金等払いと、2回だけボーナス返済をする場合を比較すると、下の図のような差が出ます。
得する金額の比較

ボーナス2回分を返済に充てた場合は毎月定額をコツコツ支払っていった時に比べて、最初の1年目の利息だけで 102,841円、5年間の返済総額を比べると、574,422円も払う金額が少ないのです。少し贅沢に海外旅行などに行けてしまいそうですね。

少しだけでもOK!無理ない範囲でボーナス時の返済額を増やそう

ボーナスを使った返済が利息の面で大きく有利なのは分かっていただけたかと思います。ただ、250,000円もボーナスの月に返済に回せない、という人も実際多いでしょう。そういう場合には、もらったボーナスの一部分を返済に回してみるのもいいでしょう。

先ほどの例と同じように、毎月の返済額は25,000円、ボーナスをある程度自由に使ったとして、返済に100,000円を回したとしてみましょう。

最初の1年目だけで41,134円利息分の支払いが少なくてすみますし、返済期間も約2年間短くなります。その分利息の総支払額も先ほどの毎月定額のコツコツ支払いに比べると、360,936円も少なくて済みます。

同じ様に返済をしていくのなら無理のない範囲でボーナス時の支払いを交えながら返済するほうが、利息の支払いの面も考えるとずっと有利です。少しでも利息で得をしながら返して行くのには、やっぱりボーナスを使っていくのが良いかもしれません。

ただし、いくら得するからといっても無理のある返済は家計の破綻につながりますからくれぐれも禁物です!



【関連リンク】
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます