これからのカードとの付き合い方

クレジットカードがなす意味とは何だろう?
特典をうまく使うのも、家計簿代わりに出来るのも、すべてあなたの使い方次第です!
クレジットカードは今や、私たちの身近のいろいろな生活シーンで利用が可能であり、日々利便性が増しています。それと同時に、私たちのカードとの付き合い方や、役立て方を再確認しなければいけない時代になりました。

「今お金に余裕がないから…」「便利だから…」などの安直な理由で、使う時代ではなくなってきているということです。

安易な意識で利用していると、やがて…いや、まもなく「借金で困ってしまった!」という状況に必ず陥ります。「お金がないからカードを使う」という状況になったその時点で、自分の家計状況、金銭管理について考えるべきです。

これからの生活を背伸びせず客観的に見据え、計画的に利用することができない人や自信がない人は、ちょっとお得な生活などと夢見るべきではないと思います。そういう人はカードを利用しない!持たない!と単純に歯止めを掛けてしまったほうが賢明です。

ちなみに私はそうしています。「急な入り用でキャッシングができないのは不安…」。そんな心配をするよりも、まずは預貯金に現金を蓄えておくことの方が先決なのです。

カード社会。賢く付き合えば、悪いものでもない

私はクレジットカードなどの利用を、否定したいのではありません。利用には無計画な使い方は厳禁!ということは言うまでもありませんが、計画性や自己管理力を持って使えるのであれば、今後の生活スタイルはもとより、これからの金銭感覚に関する能力向上にも繋がるとも思っています。

私は普段、借りる話をすることが少ないかもしれません。しかし、目的次第であるという部分は私も認めるところです。

カードを利用している方に考えてみて頂きたいのは、「これからの生活に有意義な使い方をしているか?」ということです。有意義な使い方とは人にもよりますが、「書斎に机があれば仕事がはかどる!」「このプリンターがあれば趣味が広がる」という人もいるでしょう。

このように“自分の生活をより有意義にするためのツール”という捉えで、カードの活用をしてほしいと思うのです。 お金がないからカードで買い物をする、キャッシングするのでは、あなたの望まない方向へと進んでしまいます。物欲だけに気持ちを奪われず、せっかく借金してまで利用するわけですから、生活を有意義にするために利用してください。これからの自分やご家族のため、賢く使いましょう!


【関連リンク】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。