キャッシングはお金を高く買うこと。しかもツケ

借金を減らす・解決するためのヒント【2】
借金を自分に合う方法で解決するには、家計管理が大切。
ヒント【1】で“キャッシングは、お金を買うことと同じ”とお伝えしました。そのため、借金が大きく膨らんでしまい、そこを解決したいと思っている人には、お金を借りるということはタブー行為ともいえるのです。返済するためにお金を買う。しかも「ツケ」で。実質、意味のないことになっています。
借金を減らす・解決するためにためには、借りることをやめるような状況に整えて行く必要があります。

実質いくら返済できている?

日ごろの生活行動が原因になっている場合、今までと同じお金の使い方なら、借金の完済とか解決というのは難しいことです。まして「なんとかなるさ」と思っているところから、「どうにもならなくなった」になるのは時間の問題だともいえます。そうなる前に家計の収支バランスを把握できるようにならなければいけません。

通常、借りて返してを繰り返す自転車操業状態の人は、自分の収入から実質いくら返済に充てられているのかが把握できていません。毎月5万円返済しているといいますが、そんなに返済できていない場合もしばしばです。例えると自分の収入から出しているのは1万円程で残りの4万円は借りて返済しているだけなど。これでは借金が増えていくだけなのです。人によっては「返済できた」と満足していることもあります。
このようなことにならないためにも、やはり家計は大切なのです。

家計改善のために返済方法は幅広く検討

借金解決のため大切な家計の把握や管理。これができなければ、債務整理をしても必ずといっていいほど、うまくいかなくなります。たとえどんなに腕のいい法律家に借金整理をしてもらったとしても、お金のベースがきちんとしていなくては、その「いい腕」は生かされません。生かすためにも、自分の努力は必要なのです。

家計状況をみて、節約ややりくりをすれば返済していけるというのなら、ファイナンシャルプランナーや法律家などに頼る必要はありません。しかし、それでは到底返済しきれないようならば、状況をみてきちんと返済できるように何かしらの手続きも検討すべきなのです。決して怖いものとか、恥ずかしい、悪いことではありません。