純粋さや信じる力も時には“仇”

借金整理を拒む“珍”理由
個人のやりたいこと優先?それが借金を膨らませた原因ではない?
「海外旅行に行けなくなる」というデマを信じている人もいますが、そのような人で旅行好きな人ならば、行けなくなるのは絶対に御免だ!ということで借金整理を拒否しますし、「家族までブラックリストに載ってしまい使えなくなる」「子どもの就職に不利になる」などのデマを信じている人は、家族に迷惑は掛けられない!と踏ん張ってしまったりしているのです。

こういったデマにより、債務整理という選択肢を頭の中から排除する人も少なくはないのです。その反対側にある債務整理の効力や効果を、検討することなく捨てることになるのですから、純粋さや信じる力も時には仇(あだ)となり、非常にもったいないことなのです。

その他、債務整理したことを「自動車免許証に書かれる」とか「銀行が利用できなくなる」「貯金が一切できなくなる」といった、正直いって常識的に考えればそれはないだろう…といったものまであるのです。

問題外な理由

今までの相談経験上、こんな理由で債務整理を拒む人もいました。問題外です(笑)。
・キャバクラでゴールドカードであることを自慢できなくなるから(汗)
・遺言なので…(どんな家系なのでしょう)
・弁護士に負けたことになるので…(意味が?)
・ストレス解消の“無茶買い”ができなくなるから(そういうことするからそうなったのでは?)
・カードのポイントが無くなるから…(いやいや、金利の方がもったいないでしょう)

このようなくだらない理由によって、大目的を見失うことだけは避けて欲しいものです。そして何より恐ろしいと感じるのは、こういったデマにより第一歩が踏み出せなくなることです。根拠のない噂を心配し、踏ん張りすぎて酷い状態になり、取り掛かるタイミングを間違えてしまう。場合によってそれは、取り返しがきかないことに繋がることも考えられます。債務整理することを勧めたくてこの記事を書いているのではありませんが、十分に調べながら確かな情報かどうかを見定め、状況によっては債務整理を視野に入れていかれることをお勧めしておきたいと思います。



【関連リンク】

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。