住宅ローンという名の「借金」!?

売る?売らない?住宅ローン苦からの回避策
住宅ローンの返済が大変。でも慌てないで。まずは何とか返せる方法がないか検討しましょう。
憧れのマイホーム。やっと手に入れ、その返済も順調だったのに、最近の景気事情で返済が厳しくなっているという方も増えています。
期待していたように昇給もなく、ボーナスもカット。返済の予定が大幅に狂ってしまったという話は全然珍しくもありません。ケガや病気で一時的に収入がなくなり、その間の支払に困ることもよくあることです。

この住宅ローンは、住宅を買った人にとっては通常、一生で一番大きい「借金」となっているものです。そして住居という生活の基盤となる部分の借金であるために、悩みをとても大きく発展させてしまいます。何とか返済しなくてはと、お金を他から借りてまで返済している人もいます。しかしこれでは別な借金を作り、膨れ上がらせるばかり。落ち着いて、所有しておくべきか、手放すべきか。判断するにはいろいろな角度で考えることが必要です。

返せないから売る。でもその後は?

住宅ローン返済が出来ないから、売るとします。好条件で売れるかもしれませんが、売却額によってはオーバーローンとなり、借金だけが残ります。
例えば、住宅ローンの残債が1,500万円あり、売れる金額が1,200万円だとすれば、300万円がマイナスで、この部分を支払うことになります。物はないけど、借金だけが残るというあれです。

自己破産も伴うかもしれない

もしこの例のように住宅を売って、300万円ほどの借金が残るとします。その返済は難しい家計状況である、または他に借入もあり、それも合わせると返済は到底無理という家計状況なら、「自己破産」ということも避けられないかもしれません。

不動産を売って手放せば、住宅ローン債務がなくなり、返済が楽になると考える人もいるかもしれませんが、それは自己破産の手続きも伴ってした場合です。そして、残債も払うという気持ちでも、現実は厳しいものがあります。住宅を手放した場合、次に住む住居の家賃がかかります。それと残債の返済ですから、今までの住宅ローンの返済と比べて支払が増えることにはならないでしょうか。支払が増えてしまうようならば、今後の家計も今までと同様、うまく回らないことが予想されます。