結婚式
結婚は人生の中でも一大イベント。かかるお金も高額になるためしっかりと準備したい
結婚といえば、夫婦2人で行う最初の一大イベント。特に、披露宴は両家も関わる行事となり、かかる費用も高額になります。今回は、挙式や披露宴、披露パーティにかかるお金をみてみましょう。

結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート発行)が調査している「ゼクシィ結婚トレンド調査2011(首都圏)」によると、結納・婚約から新婚旅行までにかかった結婚にかかる費用の平均は約462万円とのこと。かなりの金額ですね。その中でも大きな割合を占めるのが、披露宴や披露パーティと言われています。その実態を見てみましょう。


結婚にかかる総額は平均462万円

<結婚費用(結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用総額) (万円)>

<結婚費用(結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用総額) (万円)>結婚にかかった費用の総額とその内訳。総費用462万円のうち、8割弱の357万円は結婚披露宴などの費用。(出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2011(首都圏)」 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート発行)調査)  

上の表は、リクルート社が発行する結婚情報誌「ゼクシィ」の結婚にかかる費用の調査結果です。2011年の結納から挙式、披露宴、新婚旅行にかかった総額は、462万円となっています。

項目別にかかった費用をみてみると、新婚旅行にお土産も含めて66万円、結婚指輪と婚約指輪をあわせて59万円となっています。結婚には指輪と旅行で約125万円もかかっているということですね。

そして、挙式、披露宴、披露パーティの金額が総費用の大半を占めています。357万円はかなりの金額ですよね。この金額をみて驚いた人も多いのではないで しょうか? でも、披露宴などは参加した人がお祝いなどを持ってこられます。このかかった357万円のうち、お祝いで補填できるのはどれくらいなのでしょうか?


披露宴の持ち出し費用約130万円

上と同じ調査で、披露宴や披露パーティでのご祝儀の総額は、平均で225万円です。357万円の支出に対して、225万円の収入ということですね。132万円の赤字となっています。 披露宴の持ち出し費用は130万円程度ということですね。

披露宴以外も含めた結婚費用の総額は462万円ですが、ご祝儀が225万円ということで、実際に必要になるお金は237万円ということになります。約240万円が実際の支出ということで、少し気が楽になりました。 とはいっても、披露宴にかかるお金は金額が大きいもの。きちんと計画をしておかないと、あとで大変なことになるかもしれません。

>>この披露宴は、地域によって風習も違います。