録画番組を効率的に視聴する機能で選ぶブルーレイ・DVDレコーダー

レコーダーの中には、録画を短時間に効率よく視聴できる機能を持つものがあります。たとえば、ソニーのダイジェスト再生機能はスポーツ、ニュース、ドラマ、音楽番組など多彩な番組の重要な部分だけを再生できますし、三菱のレコーダーは「見どころ再生」で自動的に見どころだけを再生できる機能を搭載しています。

異なるアプローチとして、ソニーのBDZの一部機種はPSPや対応するウォークマンなどに録画を変換転送し、外出先で視聴できます。このとき、前述のダイジェスト映像の転送も可能で、より短時間で視聴することができます。DIGAもデジタル放送と同時にワンセグを録画し、SDメモリに書き出したり、USB接続で転送することができます。

【ガイドおすすめレコーダー】
・三菱 DVR-BZ450
三菱のレコーダーは録画の見どころ部分だけを再生する「見どころ再生」やサムネイルで目的のシーンを検索できる「シーン検索」で目的のシーンが探しやすいなど、録画のより効率的な視聴に威力を発揮します。


・ソニー BDZ-AT970T
スポーツだけでなく、ニュース番組やドラマ、バラエティなど多彩な種類の番組に対応するダイジェスト再生機能を搭載しているのが魅力。さらに、ダイジェスト映像のモバイル機器への転送、ワンボタンでのモバイル機器への録画転送機能などを搭載しています。



【関連サイト】
・パナソニック DMR-BZT9000
・ソニー BDZ-AX2700T
・三菱 DVR-BZ450
・ソニー BDZ-AT970T

ブルーレイ・DVDレコーダーの選び方、5つのポイント:5. 編集・ダビング機能で選ぶ>>



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。