中長期保有で取引したい人のミニ株投資


中長期の場合にはある程度の期間、株を保有することになります。注文の仕組みや手数料を考えても、取引の仕組み上、特に支障はありません。ただし、中長期保有なら誰でもミニ株がいいのかと言うとそうではなく、何を重視するのかでミニ株での取引が合っているのかが決まるでしょう。
株が大きく成長するのを楽しむなら、中長期保有がいいかも!

たとえば、株主優待がお目当てなのであれば、株主優待を受け取れないミニ株を中長期で保有してもムダです。配当金や株価の値上がり益がお目当てなのであれば、ミニ株でも受け取れますので中長期で保有してもよいでしょう。

ミニ株は少額で株を購入することができますので、投資の敷居は低いと言えます。しかし、取引の仕組み上、誰でもがミニ株の取引に向いているわけではありませんので、仕組みをよく理解していないと、いつの間にか損をしていたということになりかねません。自分がどんな投資をしたいのかをよく考えて、ミニ株を取引することが大切になるでしょう。

【関連リンク】
「あなたにピッタリの金融商品をチャート診断」
「インターネットで始めるはじめての投資3 ミニ株にチャレンジ!」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。