デイトレードをやりたい人のミニ株投資

デイトレードをしたいなら、取引が可能かを確認しておこう

ミニ株では、前日の一定時間帯に注文を受け付けて、翌日の寄付(株式市場が始まる時のこと)に注文を出す仕組みになっています。そのため、注文したい価格を自分で決めることはできず、寄付価格(株式市場が始まる時の値段)が約定価格となります。つまり、ミニ株では、注文回数は1回だけに限られている上に、注文時間も、そして価格も、自分で決めることができないのです。

デイトレードとは、一日の間に何度も取引を繰り返し、その日のうちに取引を終了させる取引のことです。しかし、ミニ株は一日に1回しか取引できないため、そもそもデイトレードを行えない仕組みなのです。ですから、デイトレードを行いたい人は、ミニ株ではなく、現物株などで取引した方がよいでしょう。

・短期売買をやりたい人はこちら
・中長期保有で取引したい人はこちら