スポーツを撮影するなら、連写機能の高いデジカメで!

コンパクトデジカメで動きの激しいスポーツなどの撮影をするのはなかなかに敷居が高い話です。というのもスポーツ撮影では連続撮影能力が必要とされるのですが、一般的にコンパクトデジタルカメラの連写能力はデジタル一眼レフのそれに大きく劣っているのです。

しかし、昨今のコンパクトデジカメではいくつか連写機能に優れたものも出てきています。それらを使うことでうまくスポーツ撮影をしてみましょう。

特にカシオのHIGH SPEED EXILIMシリーズはパスト連写という過去にさかのぼって撮影ができるという機能があり、スポーツ撮影には最適です。この機能をうまく使えば、バットがボールに当たってからさかのぼってヒットの瞬間をピックアップするというようなことが可能になるのです。

 

スポーツ撮影におすすめなコンパクトデジタルカメラ

・カシオ HIGH SPEED EXILIM EX-ZR20
パスト連写という過去にさかのぼっての撮影が可能という、スポーツ撮影においてもっとも必要と思われる機能を搭載しています。暗所に強い裏面照射型CMOSイメージセンサを搭載してもいるので、室内でのスポーツ撮影にも向いています。

フルサイズの1600万画素で30枚/秒(30枚まで)の撮影ができる他、最大で480fpsのハイスピードムービーを撮影できるなどEX-F1以来の高速度撮影という機能を引継ぎながら、薄型を実現。フルHDの動画撮影にも対応している。25-200mm相当の8倍ズームレンズ搭載。連写モード以外での連続撮影も0.26秒間隔とかなり優秀なものとなっています。
 

 

・パナソニック LUMIX DMC-TZ30
そこそこコンパクトなボディに20倍ズームレンズを搭載した「旅行デジカメ」とされている製品ですが、実は最大で60枚/秒(250万画素時)という高速連写が可能でもあります。
オートフォーカスを追従させるモードではフルサイズの1400万画素でも5枚/秒。追従させなければフルサイズで10枚/秒という高速連射が可能です。QVGAでの撮影となりますが、毎秒220コマでのハイスピード撮影でスローモーション再生もできます。意外とスポーツ撮影にも向いている機種といえるでしょう。(参考コンテンツ:軽やかな20倍ズームデジカメ LUMIX DMC-TZ30 レビュー
 

 

・フジフイルム FinePix F770EXR
こちらもコンパクトなボディに25-500mm相当の光学20倍のズームレンズを搭載したデジタルカメラです。シャッターを半押しした状態で被写体を追い続けて、シャッターチャンスで全押しするとその前後の最大16枚の画像が保存されるという「前後撮り連写」を搭載しています。

前後は8枚ずつというわけではなく、設定によって振り分けることが可能です。ただし、1秒間に連写できる枚数は解像度によって異なります。こちらもオートフォーカスが相当に高速化されている機種なので、スポーツ撮影に向いているといえるでしょう。(参考コンテンツ:手の平サイズで20倍ズーム!FinePix F770EXR レビュー
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。