デジカメでペットや子供をきれいに撮影するには

ペットにしても、子供にしてもよく言われることは「被写体の視線と同じ高さで撮影するといい写真になる」、ということです。しかし、原理的に液晶ディスプレイというものは上下左右から見たときに、見づらくなるという特性があるのです。


可動式液晶ディスプレイで解決!

バリアングル液晶ディスプレイ

Power-Shot G12のバリアングル液晶ディスプレイ。ローアングル撮影には本当に便利。

そこで便利なのは可動式の液晶ディスプレイ。バリアングル式やチルト式といった可動式の液晶ディスプレイを展開させればウエストレベルでの撮影や、地面すれすれの撮影でも難なくこなせようになります。
かつては少なくないモデルで搭載されていた可動式の液晶ディスプレイですが、現在ではわずかに高倍率ズーム機に搭載される程度となってしまっているのは残念。


できればフラッシュは使いたくないものの……

また、子供やペットを撮影する場合は、室内での撮影が多くなります。このとき、フラッシュを撮影してしまうと真っ黒な影が盛大に出てしまいます。これをコントロールする方法もないではないのですが、コンパクトデジカメのフラッシュでは一般的なユーザーにはやや敷居が高いものとなっています。

そこで高感度で撮影すればノーフラッシュでもシャッター速度を充分に上げることができます。しかし、高感度撮影ではほとんどの機種でノイズが生まれてしまうのも事実。そこで考慮したいのが高感度においてもノイズが出にくい機種です。

このあたりを考慮したオススメ機種を選定してみました。


子供やペットを撮るときにおすすめなコンパクトデジタルカメラ

・ニコン COOLPIX P7100
上下に可動できるチルト式液晶ディスプレイを搭載しています。デジタル一眼レフと同レベルの多機能さを持っているので、デジ一眼ユーザーのサブ機としても使いやすい機種といえるでしょう。高感度に強いCCDセンサーを搭載しているので、暗所にもそれなりに強い製品となっています。(参考コンテンツ:ニコン COOLPIX P7100 レビュー

 

・ソニー Cyber-shot HX200V
上下に可動するチルト式の液晶ディスプレイを搭載。かつ、暗所に強い裏面照射型CMOSイメージセンサを搭載しているので、充分な高感度性能を持っています。さらに30倍光学ズームレンズを搭載しているので、さまざまなシーンで活躍できるデジタルカメラとなっています。ただし、大きさはそれなり。


・キヤノン PowerShot G12

バリアングル液晶を搭載した、昨今では数少ないコンパクトデジカメです。高感度に強いCCDを搭載しているため暗所撮影にも強く、たとえば子供の寝顔も撮影しやすいということにもつながります。28mmスタートの5倍ズームレンズ搭載。


コンパクトデジカメ選びのポイント:連写に強い、スポーツを撮影向けコンパクトデジカメを選ぶ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。