生命保険で何を手に入れたいのか明確にする

どんなものでも、お金を払うには目的が必要です。目的を持たずに他人にお金を払う人はいません。保険料を払う目的は、「死亡保険金」を受け取ることです。保険金を受け取るといっても具体的に「いくら」欲しいかが問題なのです。

「お金」が欲しいではなく、「いくらのお金が欲しい」かなのです。生命保険で手に入れたいもの、それは自分で必要だと思ったお金を「まさかの時に受け取る」ことなのです。

まさかの時に受け取るお金とは

受け取ったお金を何に使うのですか?残された家族のためですか?。いえ、これではまだまだ、漠然としています。具体的には「残された家族が生活レベルを下げることなく暮らしていくための生活資金」です。(言い切ってしまうと語弊があるかもしれませんが、私のインタビューした99%の方々にこのような回答をいただきました)

残された家族の生活資金

具体的にこの生活資金の構成を見てみましょう。衣食に掛かる生活費、住宅費、お子さんの教育費、レジャー費などなど、リストアップしていくといろいろと出てくることが分かります。家庭をお持ちの方で10年以上のベテランであれば過去を振り返ってみるといくらかかっていたかが分かりますし、新婚さんならご両親に相談してみるのも具体性があり良いかもしれません。

これらの合計が今後の生活資金ということになります。一家の大黒柱をなくした場合このお金全てを保険に頼るのが理想かもしれません。または、全てを頼らず、働いて生活費を捻出することにより保険金を抑えることで保険料を抑えるのも一つの方法です。

いずれにしても全て必要な生活資金を試算してこそ「まさかの時」の後の人生に必要なお金を大雑把ですが把握できることを理解してください。

保険料を抑える方法

ここまでの流れから家族の生活資金を具体的に計算することで、目的の保険金額に辿り着けることがお分かりいただけたでしょうか?

どんな商品の購入も目的がはっきりしていないと、何を選んでいいのか分からなくなってしまいます。そして選択肢が絞れないと魅力的な情報ばかりに目がいって、肝心の目的からどんどん離れてしまい、結果無駄な物にお金を払ってしまうことになるのです。保険は特別ではありません、目的を具体的にイメージできれば商品選びは実は簡単なのです。目的を達成できることが出来なければ、価格がいくら低くても意味が無いのです。

自分に必要な保険を見つけてから、保険料を下げる工夫をする。

こうすることで、思っていたよりも大きな節約が可能になります。
今すぐ、取り掛かってみてください。

※生命保険は死亡保障以外にも様々な利用方法があります。今回のお話は一家の大黒柱の生命保険というテーマでお話したのでかなり的を絞ったお話になっていることをご理解下さい。

関連リンク
節約も限界!どうすればいい? [All About 家計管理]
主人の保険これでいいの? [All About 家計管理]
必要保障額はいくら? [All About 保険]

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。