徐々に保障が減っていく生命保険

今、子供が小さい。これから沢山のお金が必要になる。そんなときにお父さんが死んじゃったらどうしよう。ということで、現在高額の保障が必要だ!という人は、

保障が徐々にへっていく「逓減定期保険」「収入保障保険/家計保障保険/家族収入補償保険」が「現在高額の保障が欲しい」です。
子供がまだ小さい、保険料を安くしたい家庭にはもってこいです。

この保険は保険期間の間中、少しづつ保険金額が下がっていきます。すなわち、加入時と満期時では保障が大きく変わっています。保障が減っていくのです。

保険期間中、保障の変わらない生命保険(保険金がへらない定期保険等)に比べると保険料はほぼ半分とみて良いでしょう。

具体的に安くするには

今回の記事の目的は「とにかく保険料を抑える」です。
上記の「期間の短い保険」「解約返戻金がない保険」「徐々に保障が少なくなる生命保険」を使うと
いままでより、必要な保障が確保でき、尚且つ保険料を抑えることができるでしょう。


【無料で保険見直しの「裏情報が読める!】
「保険の見直し」ガイド長島が記事では読めない裏話や、本音について語ります。保険見直しに必要な情報も満載です。
登録は無料です、こちらへどうぞ!